カテゴリー「0027神社」の13件の記事

2016.10.08

ネクタイ供養2016

Img_1426
ボロボロになったお気に入りのネクタイをどうしようか思案していたところ、ネクタイ供養が2016.10.1に京都市北区の今宮神社であるとリビング新聞に載っていたので、行ってきた。

Img_1429
東京ネクタイ組合の人も参加しているらしい。

Img_1430
古いお気に入りのネクタイをゴミ袋に入れるのも気がひけるので、このような行事があるとありがたい。

| | コメント (0)

2015.05.24

梅宮大社のつつじ

Img_7997
2015.4.29京都市右京区の梅宮大社のつつじです。

Img_9057
梅宮大社東神苑の咲耶池沿いにつつじがたくさん咲いていました。

Img_8014
池がある庭園は良いものです。

| | コメント (0)

2010.03.19

落葉神社

Img_9075
2009.11.19,京都市北区小野郷(おのごう)の岩戸落葉神社です。

Img_9068_2
境内は一面の黄葉

Img_9094
上にはまだこんなに黄葉が残ってました。

| | コメント (0)

2009.10.28

平安神宮

Img_5612
2009.7.23,京都市左京区岡崎の平安神宮です。

Img_5605
平安神宮は1895年創建の新しい神宮です。
1895年以前の岡崎には蕪菁(かぶら)畑が広がっていたそうです。*1
近くの聖護院大根とも関係がありそうですね。

Img_5601
西側の楼閣を白虎楼(びゃっころう)、東側の楼閣を蒼龍楼(そうりゅうろう)といいます。
真ん中の建物は大極殿(だいごくでん)です。

*1
京都市ウェブサイト内「京都の博覧会」より

| | コメント (0)

2009.10.12

平安神宮神苑

Img_3563
2009.6.5、京都市左京区の平安神宮神苑です。

Img_3557
花菖蒲(ハナショウブ)が咲いていました。

Img_3583
背後には皐月(サツキ)も

Img_3661
紫の花は杜若(カキツバタ)ですね。

Img_3550
雨でしっとりしているのもなかなか

Img_3616
睡蓮(スイレン)も

Img_3653
鏡のような水面

Img_3629
天正年間(1573~1593)に秀吉によって造営された三条大橋と五条大橋の橋脚を再利用した臥龍橋

Img_3675
雨の尚美館

平安神宮の社殿

| | コメント (0)

2009.10.05

伏見稲荷からの夜景

Img_3164
2009.5.23、伏見稲荷大社の四ツ辻からの夕景です。

Img_3291
夜景になりました。
真ん中の大きな建物は龍谷大学です。

Img_3282
名神高速も見えます。

| | コメント (2)

2009.10.02

伏見稲荷ワンダーランド

Img_3201
2009.5.23、伏見稲荷大社です。

Img_3250
御神山の稲荷山には商売繁昌を祈願する無数の鳥居が奉納されています。

Img_3234
大きな明神鳥居も次々と更新されています。

Img_3206_2
伏見稲荷は本殿や楼門だけでも見応えがあるのですが、
真の魅力は御神山の奉納鳥居だと思います。

Img_3214
太い蝋燭

Img_5054
こちらは2008.11.22の様子です。

Img_5049
鳥居のトンネル~

伏見稲荷にOAや谷やk久保さんや水戸の人と来た日が懐かしい~

| | コメント (2)

2009.09.30

伏見稲荷の猫

Img_3198
2009.5.23、京都市伏見区の伏見稲荷大社の猫です。
人馴れした猫がいつもいます。

Img_3184
白猫と茶猫が仲いいですね。下敷きになっている茶猫には立派なのが見えたので♂です。
左の茶猫は♀でした。ということは上に乗っている白猫は子かな?

Img_3181
チュー

| | コメント (2)

2009.08.07

下御霊神社

Img_9214
2008.2.26、京都市中京区の下御霊神社(しもごりょうじんじゃ)です。

Img_206
桓武天皇の子早良親王(さわらしんのう)といった非業の死を遂げた御霊を奉祀する神社です。

Img_9204
屋根が苔むしていました。

| | コメント (0)

2009.07.29

もうすぐ愛宕山の千日詣

Img_4245
(写真は2009.6.12.に仁和寺成就山八十八ケ所から見た愛宕山)
洛中の囲む山で最も高いのは京都市右京区の愛宕山の標高924メートルです。
7月31日午前から8月1日未明はその愛宕山の山頂にある愛宕神社の千日詣(せんにちまいり)です。
この日に愛宕神社に参拝すると千日分の防火の御利益があるとされ毎年多くの方々が参拝登山されます。

愛宕山は山頂にコブがあるのでどこからでもすぐわかります。
そのコブが愛宕山の山頂924メートル地点であり、ここに愛宕神社があります。
ちなみ愛宕山の三角点は山頂から北に34メートル下った890メートル地点にあります。眺望も山頂より三角点の方がよいです。
(写真中央が愛宕山の山頂、山頂左側に社務所や自販機、山頂右側に三角点があります)

愛宕神社の門前町の鳥居本の標高は120メートル、そこから試峠を越えて登山道が始まる清滝川の標高は80メートルです。
清滝川から山頂まで標高差844メートルのかなり本格的な登山を終えると愛宕神社にたどりつきます。

Img_0393
(写真は2008.7.31に愛宕山三角点近くからの眺めた夜景)
愛宕神社の千日詣は深夜に行われる通夜祭なので夜間登山ができるよう清滝からの表参道には明かりが灯っています。
夜間登山された方にはそのまま山頂で朝まで過ごされ御来光をご覧になる人も多いそうです。

Mg_0394
嵯峨嵐山方面
桂川と河川敷が周囲から暗く浮びあがっています。
標高900メートルからの夜景はかなりの高度感があって、しかも光が「またたく」というか「きらめいて」見えるのでなかなかよいですよ。

Bd7caf160544671f6c7305da1bbae0f7
愛宕山に夜間登山できるのは一年で千日詣の日だけです。
夜景を見に、又は火迺要慎(ひのようじん)のお札を授かりに登山するのもよいかもしれませんね。

去年の記事

| | コメント (0)

より以前の記事一覧