« 2007年9月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007.11.14

茨城県石岡市・板敷山大覚寺

Dscf0056
八郷には鏡のように美しい庭を持つ寺院があります。

Pb080043
2007.11.8、茨城県石岡市(2005.10.1に八郷町と合併)の板敷山大覚寺です。

Dscf0003
大覚寺の池は鏡のようでした。
境内には楓の木もあったのですが、この日はまだまだ青葉でした。

Fcfd8ee09477476df9d5d8299cb7447c
青い瓦のお堂をはじめてみました。

大覚寺統・持明院統として日本史の教科書で勉強した京の大覚寺は真言宗大覚寺派の大本山ですが、
茨城の大覚寺は浄土真宗本願寺派の寺院です。

京の東本願寺には、筑波大学日本語・日本文化学類元学類長の今井雅晴先生が執筆した親鸞聖人の関東での足跡を
たどるパンフレットが置かれています。
そのパンフ「しんらんさまめぐり関東編(その2)」にここ板敷山での親鸞聖人の法難についての章があるので転載します。

「山伏・弁円は関白藤原忠通の曾孫といい、修験道の大家として久慈郡塔之尾に護摩堂を建てるなどして、徳を集めて
いた。弁円は、日ごとに親鸞聖人の声望が高まるのを快く思わず、ある日、弟子と共に板敷山の頂に護摩壇を構え、聖
人を祈り殺そうと三日三晩待ち続けた。しかし、一向に聖人が現れないため、業を煮やして稲田の聖人宅を襲うものの、
聖人に出会って害心を失い、山伏の身を捨てて門弟となった。当寺はその伝承を伝える寺院で、本堂は「出内陣」という
特異な形式を持つ。また、背後にそびえる板敷山には、弁円の護摩壇跡などの旧跡もある」

Cimg0977
これがそのパンフレット。監修欄に今井先生の名が右上に弁円さんの絵がみえます。

| | コメント (0)

2007.11.09

茨城県桜川市・雨引観音

780bbaed3e9dbdac55329b799f617f63
2007.11.8、茨城県桜川市・雨引観音です。去年記事にするのを忘れていたので一年後に載せます(^^;
↑は1684年建立の三重塔を1853年に改築したという多宝塔。改築したのは修理のためでしょうか?

Bca3cc4388086cadc1436fc1cb1ee2c7
1682年建立という観音堂

37a40e3e0855def99423c22d2b7dab26
石垣には石蕗(ツワブキ)や菊が咲いてました。

6月

| | コメント (0)

2007.11.01

横浜の旅3夜景編

6d9a6f0b55d1d36f583c47874a87e3b6
2007.10.5、横浜の旅の最終編です。
PM5:07、横浜客船ターミナルにやってきました。
この日の横浜は富士山頂にちょうど日が沈む「ダイヤモンド富士」の日でした。

782bfe593f4a1370255111cd671fcdc7
日中に富士は望めませんでしたが、日が落ちた瞬間(横浜が富士の影に入った瞬間)、富士が見えました。

Ba301b088f0cb8821a17a835c082b394
PM5:08、富士に日が落ちていきます。

3e2d73e49af442306e8bf2fffa21c794
落ちるー

2444d9a77b929b3eb858852e2b9f5180
落ちた

B0884a9b6317fcd013d2b72f23772ecc
PM5:20、富士の上に雲が見えます。
富士の頂に日が落ちる瞬間はほんの三分程でしたが、運よくこの瞬間に立ち会うことができました。

C393437c6bac51b3cde2d25da6f4895b
PM5:56、日が沈んだ後は夜景の出番です。

9d4aca2d9b6bf921d3990bd303b6a3f7
横浜客船ターミナルからは海上保安庁の巡視船「しきしま」も見えていました。
「しきしま」は総トン数6500トンと同庁が持つ最大の巡視船で、35ミリ機関砲、20ミリ機銃を複数装備し、
中型ヘリコプター2機を搭載する日本最強の巡視船です。
総工費はヘリコプター購入費(49億円)も含め203億円だったそうです。
(データは1991.6.25の日本経済新聞より)

Bc56830df60329565db9eac97fe3bb72
横浜市風力発電所「ハマウィング」(高さ118メートル)も見えました。
ハマウィングの年間発電量は約300万kWhで一般家庭約860世帯の年間電力使用量に相当します
(データは2007.9.22のヨコハマ経済新聞より)

9c19a579399c7536ab64895fc9abb753
これで横浜の記事は終わりでーす。

| | コメント (0)

横浜の旅2山手編

4a64627715ddf2f722b6be6f984de84a
2007.10.5、12:28、港の見える丘公園にやってきました。

4efe438235722f72fcc168ff5c88d9cf
12:39、外国人墓地から横浜ランドマークタワーを眺めました。

6f8a3c5373445f13347e6dab00c7d49c_2
12:45、べーリック・ホールにつきました。
べーリック・ホールは、第二次世界大戦前までイギリス人貿易商べーリックの住宅だった建物です。

1a5280a3b31691893f591f6fe99881f7
ベーリック・ホールの子供部屋。

88afbf1c6bc3eeb3258984ba24a33c81
PM1:48、外交官の家につきました。
外交官の家は、明治政府の外交官内田定槌氏の邸宅として、東京渋谷に1910年に建てられました。
その後、1997年に横浜へ移築され重文指定を受けています。

C4f3614b3b3de6c1be4dc49f541c322f
外交官の家のトイレ。実際に生で見るとびっくりするくらいさわやかな空間でした。

6f8a3c5373445f13347e6dab00c7d49c
外交官の家の庭園からみたみなとみらい方面。
右手にパークスクエア横浜という23階建ての高層マンションが見えます。

Fbc61706ff5e2d94a67a180192067374
PM3:26、山手を後にし中華街にやってきました。

次回は横浜の夜景をお届けします。

| | コメント (0)

横浜の旅1建築編

4e0fde91f7ea98a4f36248781ca43249
2007.10.4AM7:27、新横浜駅近くの新横浜プリンスホテルです。これから横浜散策に出発です!

9e221713c8073e0e542276d28ec7e404
AM9:05、横浜ランドマークタワーに着きました。高さ296メートル、日本一の超高層ビルです。
左のビルは新日本石油ビルです。

Dea89fad32b6f34dc6e1dc91fb79fe1f
10:05、神奈川県庁(1928年築、高さ22メートル64センチ、最高部46メートル80センチ)につきました。

E184155dd15df0da9511f5e577597cbf
神奈川県庁の中に、新庁舎(左)と本庁舎の木製模型がありました。
本庁舎は築約80年の建物ですが、今も現役です。

2d3aa991e1b8fc6c530e8be0c47f0839
1917年に横浜開港50周年を記念し建設された横浜市開港記念会館を県庁の屋上からみました。
ジャックの愛称で親しまれている開港記念会館は1917年築で重文に指定されています。

D6525e7cf115dbf162fa8e75ed66836a
AM11:19、国際客船ターミナルから横浜ベイブリッジが見えました。

次回は、山手の洋館です!

| | コメント (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年12月 »