« 茨城県桜川市・雨引観音 | トップページ | 岐阜シティ・タワー43 »

2007.11.14

茨城県石岡市・板敷山大覚寺

Dscf0056
八郷には鏡のように美しい庭を持つ寺院があります。

Pb080043
2007.11.8、茨城県石岡市(2005.10.1に八郷町と合併)の板敷山大覚寺です。

Dscf0003
大覚寺の池は鏡のようでした。
境内には楓の木もあったのですが、この日はまだまだ青葉でした。

Fcfd8ee09477476df9d5d8299cb7447c
青い瓦のお堂をはじめてみました。

大覚寺統・持明院統として日本史の教科書で勉強した京の大覚寺は真言宗大覚寺派の大本山ですが、
茨城の大覚寺は浄土真宗本願寺派の寺院です。

京の東本願寺には、筑波大学日本語・日本文化学類元学類長の今井雅晴先生が執筆した親鸞聖人の関東での足跡を
たどるパンフレットが置かれています。
そのパンフ「しんらんさまめぐり関東編(その2)」にここ板敷山での親鸞聖人の法難についての章があるので転載します。

「山伏・弁円は関白藤原忠通の曾孫といい、修験道の大家として久慈郡塔之尾に護摩堂を建てるなどして、徳を集めて
いた。弁円は、日ごとに親鸞聖人の声望が高まるのを快く思わず、ある日、弟子と共に板敷山の頂に護摩壇を構え、聖
人を祈り殺そうと三日三晩待ち続けた。しかし、一向に聖人が現れないため、業を煮やして稲田の聖人宅を襲うものの、
聖人に出会って害心を失い、山伏の身を捨てて門弟となった。当寺はその伝承を伝える寺院で、本堂は「出内陣」という
特異な形式を持つ。また、背後にそびえる板敷山には、弁円の護摩壇跡などの旧跡もある」

Cimg0977
これがそのパンフレット。監修欄に今井先生の名が右上に弁円さんの絵がみえます。

|

« 茨城県桜川市・雨引観音 | トップページ | 岐阜シティ・タワー43 »

080茨城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 茨城県桜川市・雨引観音 | トップページ | 岐阜シティ・タワー43 »