« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007.12.31

西本願寺唐門

A436ada6bc1939ceafd569e312b73271
2007.12.31、京都市下京区の浄土真宗本願寺派本山・西本願寺の唐門(国宝・世界遺産)です。

953384ac83a613f328e4b681853b4f74
桃山時代の豪華な装飾彫刻を施された高さ8メートル70センチの唐門は伏見城の遺構とされ、
彫刻の見事さに日の暮れるのを忘れることから「日暮門」とも呼ばれています。

58092dd5d602e99ff770eb5f72f2da54
その彫刻は本当に豪華絢爛で、まさに「国宝」にふさわしい門です。

Faf3dce902d7d8103e94ad2da4cada4b_2
日が移るにしたがって影になる装飾と日が当たりよく見える装飾が変わってきます。
移り変わる日光によって表情が変わることもこの門が日暮門といわれる由縁かもしれないと思いました。

9a6d6a335e9bf36d0e81c1606d5b4fd1
唐門の隣には、聚楽第の遺構とされる飛雲閣(国宝・世界遺産)がありますよ。
↑はちょっと珍しい南側から見た飛雲閣。

| | コメント (0)

知恩院の除夜の鐘

3ef28da3d92a01806687fbe25c1c6480
2007.12.31、京都市東山区の浄土宗総本山知恩院の除夜の鐘です。
1636年に鋳造された知恩院の釣鐘は高さが3メートル30センチ、重さは約70トンもあります

020c26f93abe9ee283fd73758f03f1e2
70トンもある大きな鐘、17人の僧侶が手綱を引き鳴らします。


動画です。「えーい、ひとーつ、そーれ!」の掛け声とともに鐘がつかれます。

| | コメント (0)

2007.12.28

法観寺五重塔

E0ea6889bb1792a312accaa324759179
2007.8.16、京都市東山区の法観寺五重塔です。
法観寺は臨済宗建仁寺派の寺院で五重塔は1440年に足利義教によって再建されました。
八坂神社の近くにあるので「八坂の塔」とも呼ばれています。

9b9fced11a4cc3601bbb8a90fa27c644
2007.12.31、京都霊山護国神社から見た法観寺五重塔。
最上部の五層目だけに勾欄(こうらん)があるのがわかります。
五重塔は本来、釈迦の遺骨である仏舎利を納める建物が発展したもので、展望を目的とした建物ではないそうです。
そのためほとんどの五重塔の二層目以降は、中空で部屋がないそうです。
しかしながら、法観寺五重塔は特別な構造となっていて五層目まで登ることができます。
中西亨氏は「塔の旅」(芸艸堂、1984)で終戦後しばらくの間は五層目に登り眺望を楽しんだと記しています。

E590867762e1f9d9a15c00467a9fb9a2
こちらは、2007.11.25に高台寺前から見た八坂の塔です。


この塔の高さに関しては
「京都市観光文化情報システム」と京都市の立札には46メートル、
中西亨「日本塔総覧」(同朋社、1978)には36メートル40センチ、
長谷川周「仏塔巡礼」(東京書籍、2000)には36メートル40センチ、
森田敏隆著「塔」(光村推古院、2004)には38メートル80センチ、
三村威左男「日本の五重塔総覧」(文芸社、2005)には36メートル40センチ、

とあります。どのデータが基壇から相輪までの正確な高さなのかな??

| | コメント (0)

2007.12.26

岐阜シティ・タワー43

Cb94563448a74d80aba9b6f994535ea9
日本各地の学生が集まる筑波大、中でも岐阜県出身の人は結構います。
そんな岐阜に岐阜シティ・タワー43という新しい超高層ビルができたので2007.12.26にいってきました。

5b2c8f6fec8c04394e68b11d38cbf3fc
43階から金華山をながめます。頂上にちょこんと岐阜城が乗っかっています。
この写真を撮ったのは午後四時前、冬至の直後ですぐ日が沈む時期だったのでこのまま夜景になるのを待ちました。

D152c18809bdb26726a4d066344e316d
PM17:33、国道157号の光の川がきれいでした。

| | コメント (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »