« 知恩院の除夜の鐘 | トップページ | 比叡山から初日の出 »

2007.12.31

西本願寺唐門

A436ada6bc1939ceafd569e312b73271
2007.12.31、京都市下京区の浄土真宗本願寺派本山・西本願寺の唐門(国宝・世界遺産)です。

953384ac83a613f328e4b681853b4f74
桃山時代の豪華な装飾彫刻を施された高さ8メートル70センチの唐門は伏見城の遺構とされ、
彫刻の見事さに日の暮れるのを忘れることから「日暮門」とも呼ばれています。

58092dd5d602e99ff770eb5f72f2da54
その彫刻は本当に豪華絢爛で、まさに「国宝」にふさわしい門です。

Faf3dce902d7d8103e94ad2da4cada4b_2
日が移るにしたがって影になる装飾と日が当たりよく見える装飾が変わってきます。
移り変わる日光によって表情が変わることもこの門が日暮門といわれる由縁かもしれないと思いました。

9a6d6a335e9bf36d0e81c1606d5b4fd1
唐門の隣には、聚楽第の遺構とされる飛雲閣(国宝・世界遺産)がありますよ。
↑はちょっと珍しい南側から見た飛雲閣。

|

« 知恩院の除夜の鐘 | トップページ | 比叡山から初日の出 »

0026真宗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 知恩院の除夜の鐘 | トップページ | 比叡山から初日の出 »