« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008.07.28

東本願寺修復工事

427be3bb5b3f1eb048b06447a9a0c3f8
2008.7.28、東本願寺の御影堂門(1911年再建・高さ27メートル50センチ・幅20メートル70センチ)です。
御影堂門の後ろに見えるのは修復中の御影堂(1895年再建)の仮屋根です。
2004年の4月から工事が始まってもう4年近くこの修復屋根があるので、見慣れた光景になってきました(^^ゞ

ちなみに東本願寺の広報誌によると、今回の修復事業の総予算は101億円とのことです。

E47b507afafc03fd0b16027edae02a2f
1895年再建の阿弥陀堂(左)と御影堂の仮屋根。
御影堂の修復が終わった後、今度は阿弥陀堂を修復するため仮屋根はズルズルと横移動してくるそうです。
そのため東本願寺の修復が完全に終わるのは2011年の親鸞聖人750回御遠忌になります。
(この遠忌、「おんき」と読むのだと思っていたら真宗大谷派は「えんき」と読むみたいです。)

御影堂が修復中のため、報恩講(親鸞聖人の命日の法要)等で人が多く集まる時にそなえて、
阿弥陀堂の縁側に新たに約150畳の畳が敷かれて増床されている様子もわかります。

東本願寺の伽藍が全て明治築と新しいのは、江戸時代の75年間に4度の焼失と再建を繰り返しているためです。
この「東本願寺」ならぬ「火出し本願寺」の話も興味深いですね。

9f4da3d760de11ade7ff10ba6a22cf9e
境内の堀には蓮も咲いていました。

| | コメント (0)

2008.07.14

夜の東大寺

9f09af72dae17a701d0291470a2f93af
の東大寺にやって来ました。↑は1709年再建の大仏殿(国宝)です。
大仏殿の高さは、東大寺発行の資料によると48メートル74センチ、マイペディアによると47メートル50センチとのことです。

Dfe1c189bafb5dcb2338b5473e266aed
南大門(国宝)。門の奥に大仏殿が見えます。

E6a48840ead2ad46f5299cb045dc265f
金剛力士阿行(国宝)

B12d6d97bce4017006649a270431224c_2
金剛力士吽行(国宝)

闇夜に浮かぶ金剛力士像は昼に見るより威厳がありました。

| | コメント (0)

2008.07.11

興福寺

Ccf36e15f442bac70e96f24823c22d9e
2008.7.10、大学の授業で奈良の興福寺やって来ました。
↑は五重塔(国宝)です。1426年築、高さ50メートル10センチとのことです。

010
興福寺の前身の山階寺(やましなでら)は京都市山科区の山本石材店本店あたりにあったといわれています。

6e3aa436aeb124a844f1f3f1777f6008_2
奈良っぽい。京都の社寺に鹿はいませーん。

8e640d165f9282cc24ade28691e745cd
ホテルフジタ奈良から見た興福寺五重塔

C6fa09dcc821167ab828105a182beffd
夕食の後にも訪れました。

Afafcb30050106cf9effe67e6e49791a
1415年再建の東金堂(国宝)

D3abb4a040f154e5439a87859cbbad7f
なかなか荘厳

| | コメント (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »