« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009.02.27

桂離宮

Img_9141
2008.11.28、京都市西京区の桂離宮です。↑は受付の外ですが、すでになんともいい雰囲気です。

449f69a2e03a402bae7b35dbbd39fc47
瑞々しく紅葉しているのがポイント

1add403e964f580bb827ef5fc0cd10ab
受付を済ませるとこんな石橋を渡りながら離宮を巡ります。

D49963d3153c9a766079383a43baa83e
桂離宮の泉は海に見立てて鑑賞するんですって。

B8a60e4d7e88966b802bc0058bfce06e
園林堂。宮内庁所管の離宮に仏教風建築があるのは歴史を感じます。

571be6198d7f5ab0f14294c3bc227c56
松琴亭。襖が市松模様なのがポイント


| | コメント (0)

2009.02.25

勧修寺

Img_8501
2008.11.24、京都市山科区の勧修寺(かじゅうじ)です。
勧修寺は紫式部に系譜が繋がる醍醐天皇が母の菩提を弔うために900年に創建した寺院です。

Img_0300
この日は山科区役所の主催で源氏物語一千年紀の夜間公開日でした。
勧修寺の夜間公開は今まで聞いたことがないので、おそらく初の行事ではないかと思います。

20bd1553808eb901b165983c959ca2c1
門前には橘大学の方が用意した蝋燭が置かれていました。

3a4a496d7bc81f6081b8c2953636d2d6
雨が降ったり止んだりの中準備と点灯ありがとうございました。

8fdc36a06d1b26f180c5c41fa35c2218
この日は普段見れない重文の書院の中が公開されていました。床の間の絵は竜田川の紅葉ですね。

Abcb54306221310da4020789c933c364_2
こちらは近江八景の絵です。
奥の写真に写っているのは明治時代の勧修寺住職の山階宮晃(やましなのみやあきら)親王です。

山階宮晃親王の家系は茨城の筑波とも縁のある方々ですので少々記述します。

山階芳麿氏と筑波藤麿氏は山階宮晃親王のお孫さんです。
山階芳麿氏は山階鳥類研究所の創設者です。
筑波藤麿氏は靖国神社の宮司で合祀をめぐる昭和天皇とのやりとりについて新聞報道で耳にされた方も多いかと思います。

さらに筑波藤麿氏の長男筑波常治氏は元筑波大教授、次男筑波常遍氏は現勧修寺住職です。

| | コメント (0)

2009.02.23

智積院

B04484c043cbb1979d93bf05ecd27a6f
2008.11.28、京都市東山区の真言宗智山派総本山智積院です。

61b7416314d47f3bbee11c0d87614ac8
往時の金堂が1882年に焼失したため1975年に再建された金堂。

Img_5612
1882年(明治15年)に焼失というと相当昔の出来事に感じられますが、
先日卒論研究で偶然に「讀賣新聞」がこの焼失事件を報道する当時の記事を発見しました。
新聞に記事が出ているとわかると、けっこう最近のことのように感じられますね。

Img_5608

昔から智積院を知っている方のブログによると金堂と智積院会館の間の庭園は最近造営されたそうです。
じゃあ昔はどうなっていたんだと、グーグルアースで智積院の過去の衛星写真を調べたところなんと駐車場でした。
駐車場を庭園に修築するなんて粋ですねえ。

智積院の夏

| | コメント (0)

2009.02.20

八坂の塔と夕日

238f41ecf0ac28bce469834447123c63
2008.11.26、PM4:30、京都市東山区の臨済宗建仁寺派法観寺「八坂の塔」です。

1ad02f3b67d270fdc3c74c34a3f8fc17
PM4:33、西山に日が沈みます。

D1afe49d6a5e9d3daf6d238a52bcbd61
PM4:35、

5e40bc6aee1078416d62accdc62243a8
PM4:36、

417254cf3bf9e441fe65a0d734195f5e
PM4:37、

9ab77c13016f436e09c3da14d108ea5e
PM4:56、

| | コメント (4)

2009.02.18

御所

3031ca3905e78c17d2eda544b82f191c
2008.11.22、京都市上京区の御所です。↑は紫宸殿、陛下の即位礼を行う最も格調高い建物です。

Ade6f1885e8cd1e3334962c74eaad6d7
建春門

Aaac1a618920e03d63d05b7bfc3a45a9
御学問所

3f596fee4687e914e1849d0b176a2f27
皇后門の近くのイチョウ

E5a4eec665a2c47777a8effaf08b229b
21・22日は建礼門の近くでNHKがクレーンカメラで御所の取材をしていました。(↑は21日の夕暮前の様子)
クレーンカメラはてこの原理で人力で操作されていましたよ。こういう仕事おもしろそうですね!

A72fb953279d7a1534af5f2bc3f80832
今回の位置関係はこんな感じです。御苑で展示されていた模型を利用して作成しました。

| | コメント (2)

2009.02.16

東福寺一華院

Pb009
2008.11.22、京都市東山区の東福寺一華院です。

Img_5105
見事な苔に感心しながら敷石を進みます。

B0494d7027c2308a46da5b61c022d1bc
ここで栗羊羹と抹茶をいただきました。栗羊羹オイシカタ(・∀・)!

G6
お庭の眺め。

G4
東福寺光明院と似たお庭でした。

Img_5115
日差しが気持ちよくてつい長居をしてしまいました。

 

オマケ
Img_5102
この日は一華院の近くのあの楓も見に行きました。

| | コメント (6)

2009.02.13

妙覚寺

Img0007
2008.11.21、京都市上京区の日蓮宗妙覚寺法姿園です。

Img_4986
この時は自分達以外に来ている人がおらず静かでした。
聞こえるのは葉が風に揺れるサワサワサワという音だけで心が無になりました(゚д゚)ポカーン

91a36a0bbfdb507d83c1b0874c885998
法姿園の名は「おもしろや 散るもみぢ葉も咲く花も おのずからなる法のみ姿」という歌に由来しているそうです。

Img_0009
安土桃山時代には織田信長や伊達政宗が妙覚寺を宿としていたそうです。

| | コメント (0)

日本三大瀑布

ブログに日本三大瀑布がそろったのでご紹介します。

Img_4725
2007.2.11、栃木県日光市、華厳の滝(落差96メートル)

Img_4725
2007.3.23、和歌山県東牟婁(むろ)郡那智勝浦町、那智の滝(落差133メートル)

Img_4725
2008.11.18、茨城県大子町、袋田の滝(落差121メートル)

異論はありませんが、そもそも日本三大瀑布って誰が決めたんでしょうねえ。
ウィキペやマピオンも↑の三滝を三大瀑布としているので、いわゆるデファクトスタンダードってやつでしょうか。

| | コメント (0)

2009.02.11

茨城県大子町・袋田の滝の紅葉と袋田投入堂

Img_4723
2008.11.18、茨城県大子町・袋田の滝の新観瀑台から見た袋田投入堂です。
袋田投入堂とはかなっぺさん命名の謎のお堂で、誰がいつ建てたのか、どうやって近づくのか、正式な名は何なのか、
全く情報が集まらない不思議な建物です。
謎の多いこの懸造の建築は、役行者(えんのぎょうじゃ)が法力で投げ入れたという鳥取県三朝町の国宝三仏寺投入堂
を連想させます。

A9393425c505b46730f679e09aac9f16
参考:2007年夏に訪れた国宝三仏寺投入堂

Img_4723
↑は2006.3.28に初めて袋田の滝に訪れた時の様子です。
写真上部の断崖絶壁に袋田投入堂が張り付いているのがわかります。

Img_4723
月居(つきおれ)山ハイキングコースから見た袋田投入堂。
国土地理院の地図で確認しても、この投入堂への道は確認できませんでした。

袋田投入堂について何かご存知の方がいらっしゃれば、ご教示くだされば幸いです。

ついでに(ツイデニッテ…)2008.11.18の袋田の滝の紅葉もご紹介
Img_4723
駐車場から袋田の滝へ向かう道から見た生瀬富士の紅葉

Img_4723
2008年に完成したばかりの新観瀑台から見た紅葉

Img_4725
さすが日本三大瀑布は迫力ありますねえ。
新観瀑台を設置したのに、入場料を今までと同じ300円に据え置いた大子町はえらい!

Img_4742
夕暮れの袋田の滝を眺めて茨城県北の紅葉を楽しんだ旅を終えました。


かなっぺさんの袋田投入堂の記事

| | コメント (2)

2009.02.09

茨城県常陸太田市・竜神大吊橋

Img_46
2008.11.18、茨城県常陸太田市の竜神大吊橋です。

Dsc_0044
一緒に行った人から写真をもらいました、全景!

Dsc_0049
けっこう断崖絶壁から見てる

Img_0007
竜神大吊橋の長さは375メートルで歩行者専用の橋としては本州一の長さを誇ります。
大分県の九重"夢"大吊橋(長さ390メートル)が2006年に完成するまでは日本一の橋長でした。

Img_4691
大吊橋から東方向の眺め。眼下に竜神ダムを見下ろします。

Img_0000
西方向の眺め。実は2006年3月に続いて竜神大吊橋に来るのは2回目です。
2年前の3月はオフシーズンで誰もいなくて吊橋は揺れなかったけど、
紅葉が見頃の今回は大勢人が来ててかなり揺れてました(・∀・)))グラグラ

A8761871d1f372235b4d25ff190ffab6
↑が2年前の入場券で↓が今回の季節感のある入場券。
大分にライバルができてしまったので、長さ日本一から本州一になってます(^^ゞ

| | コメント (4)

茨城県高萩市・花貫渓谷

Img_4653
2008.11.18、茨城県高萩市の花貫渓谷の紅葉です。

Img_4662
そして紅葉の国道461号をドライブ

Img_4659_2
この後は茨城県常陸太田市の竜神大吊橋に向かいました。

| | コメント (0)

2009.02.06

新しくなったグーグルアースで研究学園駅付近の発展を実感する

グーグルアースが今年の2月から新しくなって同一地点の過去の航空写真を表示することが可能になりました。
そこで発展目覚ましいつくば市のつくばエクスプレス研究学園駅前の過去の様子を見てみました。

2005
2005.2.6、今から4年前の研究学園駅の様子です。
まだつくばエクスプレスの開業前で駅本体は完成していますが駅前には道路すらありません。
茨城県城里町に移転した自動車研究所のテストコースもまだ残っています。

20071
そして、つくばエクスプレス開業後の2007.4.30の様子です。
自動車研究所のテストコースは撤去され、取手から延びる県道19号が延伸されています。
この区間の県道19号は道が広く高速道路のように快適に走れます。

イーアスつくばが今ある区画は2007年春の時点では更地のままです。
イーアスは2008年秋の開業なので、たった1年半であの巨大なモールができたことになります。

研究学園駅前には道路ができ街らしくなりました。

つくば初の超高層マンション「パークハウスつくば研究学園けやきレジデンス」はまだ起工前です。

Cimg5765
↑は2009.2.1の完成したパークハウスつくば研究学園けやきレジデンスです。
航空障害灯が輝くマンションの格を感じます。

イーアスができた後、研究学園地区は一気に活気付いて今はすっかり街らしくなりました。
4年もあれば、無の状態から街ができるんですねえ。

2008年秋の研究学園駅付近

*グーグルアースの画像を趣味ブログへ転載するはOKのようです。

参考:グーグルアースヘルプ
「Google のロゴの帰属を含む、著作権および帰属を保護するという条件で、このアプリケーションからのイメージを個人的に (ご自身のウェブサイト、ブログ、またはワード文書などで) 使用することができます。ただし、Google からの許可を得ることなく、他人に販売したり、サービスの一部として提供したり、書籍やテレビ番組などの商業用製品で使用することはできません。」

| | コメント (0)

厳島神社の猫

Img_8004
2008.2.6、御所の厳島神社と九条池の近くにいた猫です。

Img_8006
ちょっと寂しげですが、美猫です。御所の猫はみな毛並みがよくて人懐こいです。

↑の猫って2008.8.12に同じく厳島神社で見た若い猫と同じ猫かな??

| | コメント (2)

2009.02.04

東京駅前の丸ビルからの夕景2

A1f144bcae8dc179c1a59e22b167bca9
2008.11.20、丸ビルからの眺めです。一番高い左のビルは東京ミッドタウン、右には国会議事堂が見えます。
国会議事堂の後ろに見える明るいビルは今年完成した赤坂Bizタワーです。
右上に見えるのはもちろん日本一の山、富士ですね。

774ee8ac2e6d20b2e96c095291e7a28f
東京タワー

Ee7745b980e93bd4bbbd235c48f4712f
有楽町方面


| | コメント (0)

2009.02.02

東京駅前の丸ビルから富士を眺める

2008.11.20、東京駅前の丸ビルから富士と東京タワー方面の眺めです。

F9b51d01de29e27caa1ae5df2e2ec9ea
16:38

2e4184023a6fc72c28ec96b9156ae37b
16:53

Ce95a7f2dfacac33a7f8900fc2ffaf79
17:01

47b1f51309e2b9d7079f1b7b409d9a73
17:13

87cc0786379e6f3eb93944cba9e4f655
17:22

E26d9864b594134b166e70b8bd39023e
17:30

個人的には17:13が一番きれいかなーと思います。

| | コメント (2)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »