« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009.05.29

神戸の旅11六甲山からの夜景

Img_8458
209.2.17、神戸といえば夜景でしょ!ということで六甲山天覧台から夜景を眺めました。
↑は阪神高速5号湾岸線東神戸大橋です。

G_8469
神戸市街

Mg_8472
三宮方面。神戸ポートタワーや上の方に御崎公園球技場(神戸ウイングスタジアム)も見えます。

Img_8473
手前から神戸市東灘区の御影、人工島の六甲アイランド、大阪湾を挟んでかなたに堺や泉佐野の夜景が見えます。

Cimg18
大阪湾を囲むように阪神全域の夜景が広がっています。

A_2
パノラマ~(1500×313、クリックで拡大)

六甲山天覧台の名は1981年5月25日に昭和天皇がお立ち寄りになられたことから命名されたそうです。
国土地理院の地形図で調べると六甲天覧台がある地点は標高約740メートルとのことなので、
次は標高931メートルの六甲山頂にも足を延ばしたいと思いました。

| | コメント (2)

2009.05.27

神戸の旅10六甲山からの眺め

Img_8432
2009.2.17、神戸市の六甲山天覧台からみた夕焼けに染まる六甲アイランドです。

Img_8443
芦屋浜シーサイドタウン

Img_8430
三宮
上に神戸ウイングスタジアム(神戸市御崎公園球技場)も見えています。

Img_8427
六甲山天覧台からは神戸だけでなく大阪まで見えていました。
↑では大阪南港(左下)や堺の超高層マンション(ベルマージュ堺、中央)が見えています。
そして右上には富田林のニンニンタワー(PL大平和祈念塔)まで神戸から見えました。

Img_8435
泉佐野のりんくうゲートタワービルと関西空港連絡橋

Img_8420
大阪の難波あたり

G_8422
大阪駅あたりの超高層ビル群
左上には六甲山から34キロ離れた東大阪市役所も見えています。 

Mg_8426_2
大阪駅あたりの超高層ビル群の解説(クリックで拡大)

Img_8434
次回は六甲山からの夜景です!

| | コメント (0)

2009.05.25

神戸の旅9布引の滝

Cimg8105
2009.2.17、山陽新幹線新神戸駅から徒歩15分の布引の滝です。
新神戸駅の北側は政令市の新幹線駅とは思えない山林となっています。
その山林の中の遊歩道を歩いて行くと布引の滝です。

Cimg8111
布引の滝は生田川に流れる滝の総称です。
↑は布引の滝で一番大きい雄滝です。
都会から程近いところにこんなに立派な滝があってびっくりしました。

Img_8395
こちらはより新神戸駅から徒歩10分の雌滝
緑が濃くなる今頃はもっときれいでしょうねえ。

| | コメント (2)

2009.05.22

神戸の旅8背山散策路からの眺め

Img_8379
2009.2.17、神戸市中央区の背山散策路の港みはらし台からの眺めです。
上層部が賃貸住宅の美しい神戸芸術センター(地上37階塔屋1階高さ131メートル14センチ*)が見えます。
*公式サイト参照

Img_8372
阪神大震災被災者向け住宅のHAT神戸灘の浜
奥には大阪湾を挟んで小さく大阪の中之島センタービル(左端)や酉島リバーサイドヒル20号棟(右端)が見えます。

Img_8385
人工島の六甲アイランド
その奥には大阪の超高層ビルもたくさん見えています。

Img_0385
解説
あべのグラントゥールは判別が難しかったですが、背後にうっすらとシティータワーグラン天王寺が見えるのであってるはずです。
P&G本社の左には小さいですが通天閣も見えます。
フンデルトヴァッサーのゴミ処理場は神戸からも見えるんですねCat_5

Img_8368
空気が澄んでいたので大阪府庁になるかもしれなかったWTCコスモタワーも神戸からくっきり見えました。
右側にはハイアット リージェンシー大阪や大阪市立海洋博物館「なにわの海の時空館」のドームも見えます。

| | コメント (0)

神戸の旅7兵庫県庁からの眺め

Cimg8086
2009.2.17、兵庫県庁2号館13階「みどり展望園」から三宮方向の眺めです。
D’グラフォート神戸三宮タワー(一番左)や神戸市役所(左から二本目)が見えます。

Img_8359
北側の眺め
ビーナスブリッジ(一番左)や碇や市章の植栽が見えます。

Img_8353
1903年の観艦式の際、山麓に錨の人文字を作って明治天皇を迎えたことに由来する碇の植栽

Img_8354
神戸の旧かな遣いである「カウベ」のカの字を図案化した市章

Img_0297
こちらは神戸市役所から見た兵庫県庁の様子。
左の大きなビルが兵庫県警本部で右の茶色の三つ並んだビルが兵庫県庁です。

| | コメント (0)

神戸の旅6戦没した船と海員の資料館

 
 
商船乗りは 日章旗のもとで死するとも 軍艦旗のもとで死なじ
  
  

Cimg8077
吾妻山丸

2009.2.17、兵庫県神戸市の戦没した船と海員の資料館です。
太平洋戦争を戦い犠牲となった7000隻以上の民間船とその船員の資料を展示しています。

Cimg8078
慶洋丸

Cimg8080
うらる丸

Cimg8079
鎌倉丸
横浜に今も残る病院船氷川丸の同型船ですね。

| | コメント (0)

神戸の旅5南京町

Img_8347
2008.2.17、神戸の中華街南京町です。

Img_8348
意外と整然としているのはやはり日本だからでしょうか。
最近電線の地中化も行われたそうですよ。

Img_8350
南京町といえば中高の遠足で来たような覚えがあります。
(あんまり詳しく覚えてない…)

| | コメント (0)

神戸の旅4メリケンパーク

Cimg8070
2009.2.17、神戸港メリケンパークからの眺めです。
左から神戸ポートタワー、白い屋根の神戸海洋博物館、ホテルオークラ神戸です。

Img_8345
ハーバーランド方面の眺め。
左から、神戸ハーバーランドセンタービル、ダイヤニッセイビル、プロメナ神戸、神戸クリスタルタワーです。

Img_8341
港には海自の潜水艦救難艦「ちはや」が停泊していました。

| | コメント (0)

2009.05.20

神戸の旅3神戸港震災メモリアルパーク

Img_8332
2009.2.17、神戸港震災メモリアルパークです。
1995年の震災で被災したメリケン波止場の一部がそのまま保存されています。

Img_8336
阪神大震災が起きた当時、自分は小学二年生。
山科は震度5だったそうですが、本震に気付かず寝ていて余震で親が慌てているのに起こされた覚えがあります。
その後、小学校はたしか普通に授業があって下校後の児童館で見たテレビのニュースでことの重大さを実感しました。
地震後には神戸から避難した人がクラスに転校してきたこともあったと思います。

Img_8331
原爆ドームでも同じことを考えましたが、博物館のような屋内の保護された空間のものよりも、
太陽の下のリアルな空間にあるものに強く印象が残ります。

| | コメント (0)

2009.05.18

神戸の旅2日本一短い国道

Cimg8054
2009.2.17、神戸市役所のすぐ南の国道174号です。
普通の幹線道路ですが、実はここが日本一短い国道です。

Img_8322
こんな看板もありました。


グーグルマップで見ると、ほとんど高架に覆われた短い国道ということがわかります。

| | コメント (4)

2009.05.15

神戸の旅1神戸市役所からの眺め

Cimg8048
2009.2.17、神戸市役所1号館です。
神戸市役所1号館は1989年完成の地上30階高さ132メートルの建物で阪神大震災を無傷で乗り越えました。

Img_8299
その神戸市役所24階展望ロビーからの眺めです。(25~30階は市議会が使用)
左に神戸朝日ビル、右に兵庫県警本部が見えます。

Img_8297
左の大きなビルが兵庫県警本部で右の茶色の三つ並んだビルが兵庫県庁です。

Img_8314
港に近い左の白い帆のような屋根の建物が神戸海洋博物館、真ん中やや左がホテルオークラ神戸です。
右の青色のビルが神戸クリスタルタワーです。

Img_8295
奥に見える超高層マンションが「トア山手ザ・神戸タワー」、手前の白いビルが「神戸三宮センタープラザ」です。
センタープラザの19階は中国料理の東天紅になってます。
山麓には港神戸を神戸市章と象徴する碇の電飾が見えます。
夜の光っている様子はこの記事をどうぞ。

| | コメント (0)

2009.05.13

興正寺の梅

Img_8165
2008.2.11、真宗興正派本山興正寺の梅です。

Img_0066
豪華ですねー。この日は春を思わせるような暖かさでした。

Img_8153
ウメジロ

8157
境内からの眺め。
左は興正寺阿弥陀堂(1915年再建)で、奥に西本願寺御影堂(1636年建立)、右に西本願寺飛雲閣(国宝)が見えます。

| | コメント (0)

2009.05.11

妙蓮寺

Img_8046_2
2009.2.6、京都市上京区の本門法華宗大本山卯木山妙蓮寺です。
1294年に柳屋仲興入道妙蓮法尼が日像上人に帰依し、西洞院五条邸を寺にあらためたのが始まりとのことです。
主な寺宝としては本阿弥光悦の写筆の立正安国論(重文)があります。

Img_8034_2
秋から春にかけて咲く妙蓮寺の御会式桜

Img_8040_2
2月に桜が見れて得した気分でした。

| | コメント (0)

2009.05.08

茨城県の仏塔

茨城県には管見の限り2009年現在、五重塔二基、三重塔五基、多宝塔五基の計十二基の仏塔があります。
その中から在学中に見学できた仏塔をご紹介します。

Img_7836_2
2008.12.7、茨城県笠間市・鳳台院五重塔(1998年建立*1)

Img_4640
2008.11.18、茨城県日立市・法鷲院五重塔(1989年建立*2)

Img_6257
2008.11.7、茨城県桜川市・富谷観音小山寺三重塔(1465年建立の重文*3)

Cimg0197
2008.12.15、茨城県桜川市・薬王院三重塔(1704年建立*3)

Img_7829
2009.2.1、茨城県つくばみらい市・板橋不動尊清安山願成寺三重塔(1772年建立*4)

Img_7836_2
2007.11.8、茨城県桜川市・雨引観音楽法寺多宝塔(1853年に三重塔から改築*5)

Img_7896
2009.2.1、茨城県龍ヶ崎市・来迎院多宝塔(1556年頃建立の重文*6)

未訪問
大洗町・護国寺三重塔
東海村・村松虚空蔵三重塔
東海村・村松虚空蔵多宝塔
つくばみらい市・法円寺多宝塔
水戸市・神崎寺多宝塔

*1佐藤木材株式会社さんのウェブサイト参照
*2朝日新聞(1990年2月21日の記事)参照
*3現地の説明板参照
*4つくみら市ウェブサイト参照
*5雨引観音ウェブサイト参照
*6文化庁ウェブサイト参照

| | コメント (10)

2009.05.06

卒業前に筑波から富士を眺める

Img_7922
2009.2.1、PM4:57.筑波から眺めた富士です。

Img_7940
PM5:17、よーく見ると富士の雪と樹林の境界もわかりますね。

Img_7956
PM5:37、結局これが筑波大在学中最後の富士見となりました。
同級生は2009年4月26日に筑波に遊びに行った時に運良く谷田部から富士が見れたそうです。
次に筑波から富士が見れるのはいつになるでしょうか。

Img_7968
PM5:46、やはり筑波から見る富士はいつ見てもよいです。

| | コメント (6)

2009.05.04

茨城県つくみら市・板橋不動尊

Img_7829
2009.2.1、茨城県つくばみらい市の板橋不動尊(清安山願成寺)です。
江戸時代に建立された立派な三重塔があります。

Img_7836
本堂

Img_7832
板橋不動尊の隣にある板橋八坂神社

| | コメント (0)

2009.05.01

滋賀県彦根市・天寧寺

G_7332
2009.1.10、滋賀県彦根市の天寧寺です。
誤って義理の娘と初孫を殺めた井伊直弼の父直中(1766~1831)が供養のため彫らしめた十六羅漢と五百羅漢が安置されています。

Img_737
「亡き人に会いたくば天寧寺に参れ」といわれているように写実的な羅漢様です。

Img_7339
真ん中の羅漢様は頭に蓮の葉をのせてるのでしょうか。

参考
天寧寺栞
彦根城築城400年祭実行委員会公式サイト

| | コメント (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »