« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009.07.31

韓国旅11沙南基の聖堂

Img_9455
2009.3.6、漢江の遊覧船から見た沙南基(セナムト)の聖堂です。
入母屋の屋根に三重塔が載っているのでお寺っぽいですが、よく見ると三重塔の相輪がナナナナナント十字架になっています。

Img_0046
現地にあった英文の説明版読んでみたところ、
沙南基の聖堂は李氏朝鮮時代の1801~1846年に殉教したカトリックの人達の聖地とのことでした。
場所は龍山駅の近くでした。

それにしても仏塔と十字架の組み合わせにはびっくりしました!

| | コメント (0)

2009.07.29

もうすぐ愛宕山の千日詣

Img_4245
(写真は2009.6.12.に仁和寺成就山八十八ケ所から見た愛宕山)
洛中の囲む山で最も高いのは京都市右京区の愛宕山の標高924メートルです。
7月31日午前から8月1日未明はその愛宕山の山頂にある愛宕神社の千日詣(せんにちまいり)です。
この日に愛宕神社に参拝すると千日分の防火の御利益があるとされ毎年多くの方々が参拝登山されます。

愛宕山は山頂にコブがあるのでどこからでもすぐわかります。
そのコブが愛宕山の山頂924メートル地点であり、ここに愛宕神社があります。
ちなみ愛宕山の三角点は山頂から北に34メートル下った890メートル地点にあります。眺望も山頂より三角点の方がよいです。
(写真中央が愛宕山の山頂、山頂左側に社務所や自販機、山頂右側に三角点があります)

愛宕神社の門前町の鳥居本の標高は120メートル、そこから試峠を越えて登山道が始まる清滝川の標高は80メートルです。
清滝川から山頂まで標高差844メートルのかなり本格的な登山を終えると愛宕神社にたどりつきます。

Img_0393
(写真は2008.7.31に愛宕山三角点近くからの眺めた夜景)
愛宕神社の千日詣は深夜に行われる通夜祭なので夜間登山ができるよう清滝からの表参道には明かりが灯っています。
夜間登山された方にはそのまま山頂で朝まで過ごされ御来光をご覧になる人も多いそうです。

Mg_0394
嵯峨嵐山方面
桂川と河川敷が周囲から暗く浮びあがっています。
標高900メートルからの夜景はかなりの高度感があって、しかも光が「またたく」というか「きらめいて」見えるのでなかなかよいですよ。

Bd7caf160544671f6c7305da1bbae0f7
愛宕山に夜間登山できるのは一年で千日詣の日だけです。
夜景を見に、又は火迺要慎(ひのようじん)のお札を授かりに登山するのもよいかもしれませんね。

去年の記事

| | コメント (0)

2009.07.27

韓国旅10ソウルの夕景と夜景

Img_9999
2009.3.7、ソウルの漢江に沈む夕日です。
左側に63ビル、右側に麻浦大橋が見えます。
63ビルの右側に見える小さな点は金浦空港に着陸する飛行機です。結構な頻度で飛行機が飛んでいました。

Img_0054
韓屋と近代的な超高層マンション群
場所は龍山駅(ヨンサンえき)の近くです。

Img_0097
63ビル
手前は京釜線の鉄橋です。

| | コメント (0)

2009.07.24

東福寺光明院

Img_5410
2009.7.22、京都市東山区の臨済宗東福寺派光明院です。

Img_5419
重森三玲さん作庭の波心庭が有名なお寺です。

Img_5440
光明院の庭は空間の使い方がうまくとても広い庭に感じます。
しかも見る場所によって印象が変わるのでいつも無心で鑑賞してしまいます。

Img_5295
この日は前日の大雨の影響か枯山水の白砂が池になっていました。

Cimg2906
こちらは2007.5.3の様子です。いつもはこのような枯山水のお庭です。

| | コメント (2)

2009.07.22

京の日食

Img_5408
2009.7.22.AM11:11,京都市東山区から見た日食です。
京都は8割は欠けるとのことで、しかも今日は曇だったのでかなり暗くなるのかと思いましたが、
実際は少し暗くなるくらいでした。
しかし虫は自然に敏感なようで、日食が始まるまでさかんに鳴いていた蝉が急に静かになったのは印象的でした。

Img_5287
今回の日食は京都市東山区の光明院というお寺で見ました。
波心庭という重森三玲氏が作庭したお庭が有名な臨済宗東福寺派のお寺です。

Img_5346
光明院は枯山水のお庭ですが、雨が降ると水がたまって「池山水」のお庭になります。

Img_5325
苔が完全に池に沈んでいます。

Cimg2918
こちらは2007.5.4の光明院のお庭。
普段はこのように枯山水のお庭です。

| | コメント (10)

韓国旅9韓国の超高層ビル

Img_9859
2009.3.6、韓国の超高層ビル特集です。
三成駅近くの韓国総合貿易センタービル

Img_9857
アセムタワー

Img_9919
三星現代I'PARK APT
超高級超高層マンションだと思います。

Img_9837
韓国電力ビル
ビルにKEPCO(Korea Electric Power Corporation)とあります。
ちなみに関西電力もKEPCOですね。
関西電力 www.kepco.co.jp
韓国電力 www.kepco.co.kr

その他の電力会社の略称は以下の通りです。

北海道電力 www.hepco.co.jp
東京電力 www.tepco.co.jp

北陸電力 www.rikuden.co.jp
中部電力 www.chuden.co.jp
沖縄電力 www.okiden.co.jp
四国電力 www.yonden.co.jp
九州電力 www.kyuden.co.jp

東北電力 www.tohoku-epco.co.jp
中国電力 www.energia.co.jp

Img_9922
漢江の遊歩道から超高層ビル群

Img_9950
韓国のマンション
後ろに北漢山(標高837メートル)や道峰山(標高740メートル)の荒々しい岩肌が見えます。

Img_9961
ソウルメトロ3号線の地上部分が走る東湖大橋。対岸には玉水駅があります。

漢江の南岸は自転車と歩行者の遊歩道となっていて静かなところでした。

| | コメント (0)

2009.07.20

山科別院長福寺

Img_3742
真宗大谷派山科別院長福寺は蓮如上人が創建した山科本願寺の旧地に真如上人が1732年に創建しました。
1788年の天明の大火と1864年の禁門の変で東本願寺が炎上した際は親鸞聖人の御真影の避難地となった歴史もあります。
1999年の蓮如上人500回御遠忌では多くの人が訪れましたが、今は静かな山科の町堂として親しまれています。
(2009.6.7)

Img_4824
山科の人からは「御坊(ごぼう)さん」や「東御坊」と呼ばれている山科別院長福寺は桜から黄葉まで楽しめるのですが、
今年から蓮鉢も登場しました。
(2009.7.4)

Img_0658
春は枝垂桜が咲きます。
(2009.4.12)

Img_0679
境内にある大谷専修学院のチューリップ
(2009.4.12)

Img_4906
今年から登場した蓮
(2009.7.13)

Img_4881
淀姫という品種です。

Img_4898
山科別院は秋になるとイチョウの黄葉が見事なのでまたこのページを更新したいと思います。


開放的なお寺で拝観料とかはありません。

| | コメント (0)

2009.07.17

東本願寺修復工事・素屋根のスライド

Img_5159
2009.7.16、京都市の東本願寺御影堂が5年間の修理を終えついに姿を現しました!
2004年3月の起工式の後、2004年7月の素屋根設置により姿を隠していた明治の大建築です。
この日は御影堂を覆っていた素屋根が午前10時から南にスライドし午後1時30分には御影堂が完全に姿を現しました。
(写真は11時3分の様子)
 
 

Dscf1172
去年(2008.7.28)の時点では御影堂はこのように素屋根に覆われていました。

 
 
Img_5080
そして今日、2009.7.16、いよいよ御影堂が姿を現す日がやってきました。
↑は午前9時51分、素屋根の移動を控えた御影堂の様子です。

 
 
そしてカウントダウンの後、午前10時に素屋根の移動が始まりました。
 
 
 
Img_5096
午前10時4分、5年ぶりに御影堂に日が当たりました。

Img_5134
午前10時53分、素屋根が半分以上移動しました。

Img_5203
午後12時2分、全景登場です!
修復前の御影堂はほとんど覚えてないので、初めて見る気分です。
だんだん曇ってきて、しかも午後は逆光になるので、この日はここまで見て帰宅しました。

Img_5447
2009.7.24、天気がよかったので再び東本願寺にやってきました。

Mg_5456
漆黒の破風に金箔が輝いてます!

Mg_8929
2009.11.20、11月28日の親鸞聖人の命日を機に、報恩講という法要が勤められるため幕がかかっています。

南に移動した素屋根は2015年まで阿弥陀堂の修理に使われるそうです。

| | コメント (2)

2009.07.15

韓国旅8奉恩寺

Img_9904
2009.3.7、ソウル市江南区三成の奉恩寺です。
794年創建の曹渓宗のお寺とのことです。
場所は漢江の南側です。

Img_9900
鐘楼

Img_9907
弥勒殿

| | コメント (0)

2009.07.13

韓国旅7梨泰院のホテル

Img_9834
2009.3.7、今回の韓国旅で宿泊していた梨泰院(イテウォン)ホテルからの眺めです。
南山のグランドハイアットソウルホテルとソウルタワーが見えます。

Img_9824
ソウルタワー
イテウォンホテルは12階建で運良く11階の眺めのいい部屋に泊まれました!

Img_9814
イスラム教の礼拝堂も部屋から見えました。
現地で手に入れた梨泰院の地図によるとソウル中央礼拝堂という名前で1976年に建てられたそうです。

Img_9812
部屋から見た韓国の夜明け

Img_9806
ソウルの梨泰院という地区は外国人が多いみたいで、
ホテルのスタッフさんはもちろんコンビニの店員さんや模範タクシーの運転手さんも日本語ができました。

| | コメント (0)

2009.07.10

韓国旅6ソウルタワーからの夜景

Img_9776
2009.3.6、ソウルタワーからの夜景です。
さすがはソウル中心部のタワーだけあってとてもきれいな夜景でした。

Img_9779
三角地方面
奥に漢江が流れています。

G_9791
韓国の都市夜景はメリハリがあってよいですね。
住宅地の橙色と商業地の白色の夜景が絶妙です。

Img_9770
南大門やソウル市役所があるあたり

Img_9775
未来都市のような夜景ですね。

| | コメント (0)

2009.07.08

韓国旅5ソウルタワーからの夕景

Mg_9691
2009.3.6、ソウルタワーからの夕景です。

Img_9690
韓国の街並

Img_9700
東大門の斗山ビル

Img_9707
大統領府、青瓦台

Img_9715
そろそろ日没です。

Img_9722
永登浦(ヨンデュンポ)区あたりに日が沈みます。

Img_9744
韓国の夕日

Img_9751
空気がなかなかキレイで雲もなかったのでくっきりと夕日を拝めました。

Img_9755
今回の韓国旅は天気に恵まれました。
今回は3月の落葉の季節に訪れたので、次回は緑の濃い時期に訪れたいです。

Img_9765
次回はソウルタワーからの夜景です。
 
 
 

*ソウルタワーへは宗廟からタクシーで行こうとしたのですが、3台連続でタクシーに乗車を断られてしまいました。
後で調べてみると環境政策か何かでソウルタワーのある南山へは車の乗り入れが制限されているそうです。
結局、南山の麓のロープウェイ乗り場までタクシーで行ってソウルタワーに登ることができました。

| | コメント (0)

2009.07.06

韓国旅4朝鮮王朝の王宮「昌慶宮」

Img_9636
2009.3.6、朝鮮王朝の王宮、昌慶宮(창경궁、チャンギョンクン)です。

Img_9673
養和堂

Img_9643
涵仁亭

Img_9677
歓慶殿

Img_9634
今回のソウル旅行ではここ昌慶宮が一番よいと思いました。

Img_9637
木造建築の美

| | コメント (0)

2009.07.03

韓国旅3宗廟

G_9594
2009.3.6、ソウル市鐘路区の宗廟(종묘、チョンミョ)です。

Img_9601
宗廟には朝鮮王朝歴代の王と王妃の位牌が祀られています。

Img_9609
正殿
同窓の姿がちらほら

Img_9620
永寧殿

Img_9614
屋根の上には魔よけでしょうか、像がのっていました。

Img_9616
龍もいますね

| | コメント (0)

2009.07.01

韓国旅2漢江からの眺め

Img_9444
2009.3.6、漢江(ハンガン)の遊覧船から汝矣島(ヨイド)の眺めです。
左に63ビル、右にツインタワーになっているLGの本社が見えます。

Img_9394
LG本社ビル

Img_9507
高層マンション群

Img_9537
日本のニュータウンにありそうでなさそうな風景
奥にかすんで見える岩山は標高836メートルの北漢山だと思います。

Img_9473
高層マンション群の奥にソウルタワーが見えます。

Img_9474
ソウルタワー


韓国旅1(三ヶ月前に速報版を書いていました)

| | コメント (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »