« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009.09.30

伏見稲荷の猫

Img_3198
2009.5.23、京都市伏見区の伏見稲荷大社の猫です。
人馴れした猫がいつもいます。

Img_3184
白猫と茶猫が仲いいですね。下敷きになっている茶猫には立派なのが見えたので♂です。
左の茶猫は♀でした。ということは上に乗っている白猫は子かな?

Img_3181
チュー

| | コメント (2)

2009.09.28

9月26日京滋散策

Img_8922
2009.9.26、朝から亀岡、貴船、大津と京都の近郊を散策しました。
AM8:58、まずは京都市東山区の将軍塚から洛中を見晴らしました。

Img_8710
AM10:55、京都府亀岡市にやって来ました。
亀岡は国道9号から離れて穴太寺のあたりまで来ると、のどかな景色が広がっています。

Cimg9943
亀岡の彼岸花はなかなか豪華でした。
来年も見に来ようと思いました。

Cimg9976
PM0:20、彼岸花の後は亀岡のコスモス園をチラ見しました。

Cimg9980
奥には京都府最高峰の地蔵山947.6メートルも見えました。

Img_2016
空が広い亀岡を楽しんだ後は車窓から亀岡城、京大桂キャンパス、鳥居本、嵯峨野歴史的風土特別保存地区、
静原、大原を眺めました。京大桂キャンパスは初めて見ましたが、なかなかきれいでした。
写真は愛宕神社の門前町の鳥居本(とりいもと)の2009.4.30の様子です。

Img_8926
PM2:54、貴船の川床「かつら」で昼食をいただきました。

Img_9992
PM5:29、再び将軍塚に登って夕日を眺めました。

Cimg0008
PM7:13、最後は大津の琵琶湖花噴水を見に行きました~

この日は朝から晩まで目いっぱい観光できて充実した一日となりました~

| | コメント (4)

2009.09.25

葵祭

Img_2889
2009.5.15、京都市北区の葵祭です。

Img_2883
飛鳥時代、欽明天皇が凶作の折に加茂神社で祭礼を行ったところ五穀豊穣となったことに由来する祭です。

Img_2868
嵯峨天皇の代の810年からは未婚の皇女の斎王が賀茂神社の祭神に仕えるようになりました。

Img_2877
現在では斎王の代わりとなる斎王代が御所から下鴨神社と上加茂神社に向かいます。

Img_2915
馬に乗る女性を騎女(むなのりおんな)というそうです。凛々しいですね。

Mg_2881
衣に葵の葉が飾られているのが葵祭のポイントです。

Img_2901
牛4頭、馬36頭、人511名が市内を巡る葵祭でした。

| | コメント (2)

2009.09.23

宇治・仏徳山からの眺め

B
2009.5.11、京都府宇治市の仏徳山(大吉山)からの眺めです。
仏徳山は平等院の北側の標高131.8メートルの山で遊歩道の標高110メートル地点から展望が開けています。

Img_2427
右上に見える大きめの建物が宇治市役所、その下に平等院が見えます。

Img_2495
平等院にズーム、赤い欄干の朝霧橋も見えます。

Img_2454
さらに平等院にズーム、奥の平等院の塔頭(たっちゅう)浄土院が目立ってます。

Img_2451
さらに平等院にズーム、左上に桃山城の遺構と伝えられる桧皮葺の養林庵書院が見えます。

Mg_2451
さらに平等院にズーム、この角度から見る平等院はなかなか新鮮ではないでしょうか。

 
 

| | コメント (0)

2009.09.21

山科・安祥寺山からの眺め

Mg_2505
2009.5.13、大文字山南麓、安祥寺山の標高290メートル地点から山科を見下ろしました。
「安祥寺山京都森林インストラクターの森」の広場から階段道を少しあがった火事跡見晴台からの眺めです。
到達するには林野庁京都大阪森林管理事務所の林道やイオン環境財団の助成でできた看板が目印になります。

Img_2523
山科盆地を進む東海道本線の113系。塗装が湘南色と体質改善色が混じった車両編成になっています。

Img_2497
阿含宗総本殿があるのが標高221メートルの花山(かさん)でその奥が標高242メートルの清水山です。
左の平地には京セラ本社ビルが見えます。

Img_2554
洛中
左下に法林寺、その右に御池通、さらに右の超高層ビルが京都ホテルオークラ、その奥の森が二条城です。

C
パノラマ(クリックで拡大)
東山連峰の左が山科、右が洛中です。

| | コメント (2)

2009.09.18

近江富士

Img_2252
2008.5.9、滋賀県野洲市の三上山です。その美しい山容から近江富士とも呼ばれます。

Img_2296
東海道新幹線の車窓からご覧になったことのある方も多いのではないでしょうか。

Img_2302
三上山の標高は432メートル、といっても琵琶湖の標高は85メートルです。
そして三上山の麓の御上神社(みかみじんじゃ)の標高は105メートルなので、山自体の高さは約320メートルです。
まあ気軽に登れる高さなので、そのうち登りに行こうと思います。

Mg_2308
少し離れた野洲川から見た三上山

Img_2332
蓮華畑と三上山

Img_2345
麦畑と三上山
麦秋の頃の写真です。

| | コメント (0)

2009.09.16

御上神社

Img_2198
2009.5.9、滋賀県野洲市(やすし)の御上神社(みかみじんじゃ)です。
国宝の仏教風本殿がある神社です。

Img_2206
こちらが国宝の本殿
屋根が入母屋なので仏殿のように見えますね。
普通、神社の建物の屋根は右側の小さな社のように切妻で流造です。

Img_2225_2
鎌倉時代の本殿ということでかなりの歴史がある建物です。
一目見て、「さすがは国宝建築!」と感心しました。
最近、葺き替えられた桧皮葺(ひわだぶき)の屋根も見事です。

Mg_2215
こちらは重文の楼門

| | コメント (0)

2009.09.14

越畑の棚田

Img_2081
2009.4.30、京都市右京区の越畑(こしはた)の夕焼けです。

Img_2086
棚田に反射する夕日を見に行きました。

Img_2096
「にほんの里100選」にも選ばれた棚田です。

Img_2107
PM6:26、日が沈みます。

Img_2117
日没後、越畑の隣の樒原(しきみはら)の棚田も見学しました。

Koshih
京都市右京区の樒原と越畑はとんでもない山中の村です。
愛宕山西麓の宕陰(とういん)と呼ばれる学区の村ですが、市街からは府道50号という狭小林道を行くしか到達できません。
府道50号では野生の鹿まで目にしました。
標高400メートル以上の山中に立派な棚田の村があるとは驚きでした~

| | コメント (4)

2009.09.11

金胎寺

Img_1950
2009.4.30、京都府和束町(京からは宇治田原町経由が近い)の金胎寺(こんたいじ)多宝塔(1298年築の重文)です。
金胎寺は標高682メートルの鷲峰山(しゅうぶせん)の山頂に位置する真言宗の寺院で7世紀末の役行者の開創とのことです。

さてさて金胎寺は険しい岩場を登る行場巡りが有名ですが、今回はこの多宝塔を見学するために行きました。
府道62号から狭小林道を登って金胎寺に到着後、受付で行場の入山料を納めたのですが多宝塔が見つからない(゚~゚o)?
実は入山料は行場を巡る際に必要で、多宝塔は別の場所にあったのでした!
よって入山料300円は寄付となりました…

Img_1927
本堂の彌勒殿。桧皮葺の屋根を波板が覆っています。さっきの入山料が修復の足しとなれば…

Img_1931
1300年築の宝篋印塔。こちらも重文指定です。

宝篋印塔がある鷲峰山の山頂からは琵琶湖が見えるそうですが、この日は空気が霞んでいて見えませんでした。
空気が澄んだ秋にでもまた訪れて眺望を確認したいと思います。

| | コメント (0)

2009.09.09

駿府城石垣崩落現場

友人から「たまには関西以外の記事を」との指摘があったので、
今回は2009.9.6~8に行ってきた「東海道本線+筑波の旅」の記事です。
今回は観光が目的の旅でなかったので、あまり時間がとれませんでしたが駅から近い所はちらちら見てきました。

Img_8374
2009.9.8、静岡市葵区の駿府城の二の丸石垣です。
去る2009.8.11の静岡地震で石垣が崩落したとのことだったので現状を見てきました。
やはり地震から1ヶ月では修復工事は始まっておらず、読売新聞によると復旧に2年はかかるそうです。
ちなみに石垣の背後の建物は静岡県庁です。

Img_8412
静岡市役所17階展望窓から見た崩落現場
静岡市役所の展望窓は開閉可能のようでしたが、開けると強い風が入って来そうだったのでガラスの内側から撮りました。
なので窓の外の金属柵が写りこんでしまいました。

Img_8524
石垣の崩落は1箇所だけかと思っていましたが、実際に現地を訪れてみると本丸の石垣も崩壊していました。
静岡市によると計4箇所の石垣が崩れたとのことです。

Img_8465
静岡県庁21階展望ロビーから見た崩落現場

| | コメント (0)

2009.09.07

三明院

Img_1138
3009.4.18、京都市左京区の三明院多宝塔です。

Img_1205

多宝塔は、1961年の建立とのことです。

Img_1104

高台に建つ多宝塔なので初めて見た時はびっくりしました。

| | コメント (0)

2009.09.04

音羽山からの眺め

Img_0799
2009.4.18.AM7:55、京都市山科区の音羽山(おとわやま)の登山道からの眺めです。
音羽山は山科と大津の境界をなす標高593メートルの山で牛尾山とも呼ばれています。
写真奥の亀岡には雲海が広がっています。丹波は雲海の里ですが、山科からその様子が見えて驚きでした。
左下の白い建物は「ライフイン京都」です。清水寺からも見えるよく目立つ建物です。

Img_0957
AM9:01、音羽山の山頂に到着しました。左上の亀岡の雲海はもう消えています。
写真中央の東山三十六峰を隔てて西(上)側が洛中、東(下)側が山科です。

Img_0965
行者ヶ森が遮る勧修、椥辻、大宅、小野が残念ながら見えませんが、
音羽山からは西野、音羽、花山、四宮、安朱、御陵といった山科の北側全てを眺めることができます。
はるか右奥には愛宕山も見えます。

Mg_0913
音羽から西野のあたりにズーム
音羽川や山階小学校、西本願寺山科別院、西宗寺が見えます。

Img_0944
山科駅あたりにズーム
駅前再開発で1997年に誕生したRACTO山科の灰色のビル群が見えます。

Mg_0801
四宮の方へズーム
真ん中の建物はおそらく国道161号西大津バイパス長等(ながら)トンネルの換気施設で、
その上に皇子山カントリークラブのクラブハウス、その右に千石岩も見えます。
千石岩は今年の夏に行きましたが、前日の雨で岩が濡れていて登るのを自重しました。
千石岩の東側は専門的なクライミングの技能がないと無理ですが、西側はなんとか登れそうな気がするので、
いつかは登ってみたいです。

A
音羽山山頂からのパノラマ~
パノラマ作成の都合で電線が消えている部分がありますが、そのあたりの山が比叡山です。
右側には琵琶湖も見えます。

| | コメント (0)

2009.09.02

三井寺の夜景

Img_0584
2009.4.11、滋賀県大津市の三井寺です。桜の時期は夜間公開されているので行ってきました。
↑は1599年再建の金堂です。国宝に指定されています。

Img_0571Img_0561
三重塔
1597年に秀吉が伏見城に移築した奈良の比蘇寺(ひそてら)の塔を 1600年に家康が三井寺に再移築したものだそうです。
もともとは南北朝時代まで遡る古塔とのことです。

Img_0558
観音堂の近くから見た三重塔

Mg_0547
観音堂と大津京の超高層マンション・大津MARY

Img_0578
ちゃんと桜が白く見える照明になっています

Img_0553
はるか琵琶湖の東岸、近江八幡の方向では花火が上がっていました。
まだ4月だったので花火大会ではなく何かの記念花火だと思うのですが、何だったのでしょう?

| | コメント (0)

琵琶湖の夕景

Img_0491
2009.4.11、琵琶湖の人工島・矢橋帰帆島(やばせきはんとう)からの夕景です。

Img_0510
奥に大津プリンスホテルが見えます。

Img_0512
琵琶湖花噴水も

| | コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »