« 駿府城石垣崩落現場 | トップページ | 越畑の棚田 »

2009.09.11

金胎寺

Img_1950
2009.4.30、京都府和束町(京からは宇治田原町経由が近い)の金胎寺(こんたいじ)多宝塔(1298年築の重文)です。
金胎寺は標高682メートルの鷲峰山(しゅうぶせん)の山頂に位置する真言宗の寺院で7世紀末の役行者の開創とのことです。

さてさて金胎寺は険しい岩場を登る行場巡りが有名ですが、今回はこの多宝塔を見学するために行きました。
府道62号から狭小林道を登って金胎寺に到着後、受付で行場の入山料を納めたのですが多宝塔が見つからない(゚~゚o)?
実は入山料は行場を巡る際に必要で、多宝塔は別の場所にあったのでした!
よって入山料300円は寄付となりました…

Img_1927
本堂の彌勒殿。桧皮葺の屋根を波板が覆っています。さっきの入山料が修復の足しとなれば…

Img_1931
1300年築の宝篋印塔。こちらも重文指定です。

宝篋印塔がある鷲峰山の山頂からは琵琶湖が見えるそうですが、この日は空気が霞んでいて見えませんでした。
空気が澄んだ秋にでもまた訪れて眺望を確認したいと思います。

|

« 駿府城石垣崩落現場 | トップページ | 越畑の棚田 »

0023真言宗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 駿府城石垣崩落現場 | トップページ | 越畑の棚田 »