« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009.11.30

東京湾を散策、一日目

G_8937G_9729
2009.11.26、ふらりと東京と市川に行って東京湾の周辺を散策してきました。
↑は千葉県市川市の新築超高層マンション、I-linkタウン市川です。
市川駅南口の低層住宅や商店街を再開発した45階の超高層マンションの最上階に展望フロアが開放されています。
写真右は45階展望室から見たもう一棟の再開発マンションです。

事業主体が市川市とはいえ分譲の再開発マンションに公共の展望室を設置した市の英断には拍手です!

G_8941G_9112
市川の後は総武線に乗って東京都中央区晴海へ
URの新築賃貸超高層マンション、ベイシティ晴海スカイリンクタワーを内覧しました。
写真左は晴海スカイリンクタワーの外観、晩秋のためPM4:08,でもう日没です。
写真右は晴海スカイリンクタワーの3階から見上げた内廊下です。

Img_9123
内廊下は49階から見下ろすとさらにすごかったです

Mg_8951
49階からは東京に沈む夕日が見えました。

Img_9743
東京タワーも

Img_8956
東京湾が見える部屋です。

Img_9750
晴海スカイリンクタワーの内覧を終えた後は晴海埠頭からレインボーブリッジを眺めました。

Img_9753
晴海から東京タワーって良く見えますね。
写真左の二棟の太めのビルがセイコー本社とかが入居するシーバンス、
水産庁漁業調査船「開洋丸」の煙突の上の高いビルが東芝本社、
東京タワーの右のビルが東京ガス本社です。

Img_8962
その後、東京駅に移動して丸ビルから帝都の夜景を眺めました。
左に今回宿泊したサピアタワーが見えます。

Img_8992Img_8984
サピアタワーのホテルメトロポリタン丸の内の28階西側の部屋からの眺めです。

G_8977
真ん中に国鉄本社跡の一等地を再開発してできた日本生命丸の内ビルが見えます。

| | コメント (2)

2009.11.27

ふらっと東京旅行

Img_9128
2009.11.26,27、の二日間ふらっと東京(と市川)に行っておりました。

写真は、東京都中央区の超高層賃貸マンション「ベイシティ晴海スカイリンクタワー」で撮ったものです。
今、賃貸を探し中なので見てきました。

ベイシティ晴海スカイリンクタワーは2階から49階まで吹抜の内廊下になっています。
49階から150メートル真下を見下ろすのはさすがにゾクっとくる高さでした~

詳しい旅行記は出来次第載せたいと思います。

| | コメント (4)

2009.11.25

送り火

G_7097
2009.8.16、京都市下京区の知り合いのお家から見た送り火です。
お盆に迎えた精霊を再び冥土に送る火です。
左側に比叡山、右側に東大谷万灯会の灯火も見えます。

Img_7107
知り合いのお家からは五山の送り火の全てが見えましたが、鳥居形が一番よく見えました。

Img_7121
清水寺の夜景もきれいだったので一枚

| | コメント (2)

2009.11.23

黒谷の庭園

G_8991
2009.11.21、京都市左京区黒谷の金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)です。
金戒光明寺はちょっと長いので地名の黒谷と呼ばれている浄土宗の大本山です。
三重塔や山門やアフロ石仏だけでも見応えのあるお寺ですが、今日は紫雲の庭という庭園に入ってみます。

Img_8958
2006年の完成の最新の庭だけあって歴代の名園の良い所が融合している印象を持ちました。

Mg_8986
1944年再建の方丈が奥に建っています。
戦争末期によくこれだけの建物を建てたものですね。

Img_8967
石橋を渡って奥に行けます。

Mg_8963
奥の池は昔からあったそうです。

黒谷には幕末に洛中の守護に当たった会津藩の本陣があった地です。

| | コメント (0)

2009.11.20

御所に入られた天皇陛下

Mg_9149
2009.11.19、京都御苑です。
銀杏や桂の黄葉を見に来ました。
しかし今日はなにやら大勢の警官が警備にあたっていて雰囲気が違います…

Mg_9472
いつも御苑を走っているのは皇宮警察のプリウスなのですが、今日は京都府警のクラウンもいます。
(赤色と青色のパトライトを付けたパトカーは初めて見ました)

Img_9477
どうやら今日も天皇皇后両陛下が大宮御所に御宿泊されるようです。

Img_9480
先導の黒塗の日産スカイラインがやって来ました。
いよいよです。

Img_9481
そして御料車に御乗車の両陛下がいらっしゃいました。

Tmg_9481
天皇陛下バンザーイ\(^o^)/(前の写真のトリミングです)

Mg_9483
大宮御所は陛下の宿舎として使われると聞いてはいましたが、本当に現役の御所だったんですねえ

Img_9484
御料車のナンバープレートは「黒地に金の菊の御紋」です。
カッコヨスギ( ゚д゚)

Img_9475
いつもはのどかな御苑もこの日は厳粛な空間となってました。

 

茨城に来県された天皇陛下

| | コメント (0)

2009.11.18

黄昏の三千院

Mg_6869
2009.8.14、京都市左京区大原の三千院です。

Nn_6888
毎年夏に行われる万灯会に伺いました。

Img_6895
わらべ地蔵さんはお休みになる時間の三千院です。

G_6867
三千院の庭園、有清園の苔庭

N_6953
奥に見えるのは1148年の建立といわれる往生極楽院です。
中には国宝の阿弥陀三尊坐像が安置されています。

Img_6937
金色不動堂の西側の参道の様子です。

| | コメント (2)

2009.11.16

大原の金毘羅山からの眺め

Img_6575
2009.8.14、京都市左京区の金毘羅山(標高572.7メートル)から眺めた大原の里です。

Img_6695
金毘羅山の東麓450メートルあたりは岩場になっていて大原盆地の全体を眺めることができます。

Img_6778
大原は比叡山西麓の標高200メートルの小盆地です。

Img_6746
三千院も見えます。

Img_6764
大原のシソ畑

Mg_6828
岩場から金毘羅山の山頂へ登っていくとハングル文字の謎の石碑が建っています。
よく見るとハングルとは字体が少し違うので、これはあの「神代文字」ってやつでしょうか。
石碑に銘がなかったので建立の背景がわかりませんでした。
誰がいつ何のために建てたのでしょうか。

Img_6850
神代文字の石碑の南側は逆光となりますが視界が開けます。
手前から京都ホテルオークラ、京都タワー、任天堂本社、京セラ本社などが見えます。
奥の方に見える国会議事堂っぽい建物は32キロ離れた大阪工業大学の枚方キャンパスです。

Img_6860
江文峠からの山道の途中には琴平新宮社があります。
舗装されていない長い山道の途中に忽然と姿を現すので神秘的でした。

| | コメント (0)

2009.11.13

竜王山の奇岩

Img_6278
2009.8.12、滋賀県栗東市(りっとうし)の竜王山からの眺めです。
標高604メートルの竜王山、金勝寺(こんしょうじ)のあたりは、写真のような緑のある普通の山ですが…

Img_6357
金勝寺から琵琶湖方面へ山頂に向かうにつれ花崗岩が露出した奇景が広がります。
このあたりは関西の緑の山とは雰囲気が違うので、金勝アルプス(こんぜアルプス)とも呼ばれています。
奥には、JRA栗東トレセン(競走馬の育成拠点)が見えます。

Img_6453
耳岩からの眺め
奥に新名神高速が見えます。

Mg_6461
竜王山の登山路はこんなふうに風化した岩の中を歩くところがありました。

竜王山は普段とは一味違う山歩きが楽しめるのでまた行きたくなる山でした。

| | コメント (0)

2009.11.11

滋賀県草津市の街並

6521
2009.8.12、滋賀県草津市の旧草津川の堤防からの眺めです。
場所は東海道の草津マンポ(1886年完成の隧道)から西に少し歩いたところです。
草津川は市街地よりも高い場所を流れる天井川だったため、2002年完成の新草津川に流路が移動しました。

写真の左側には東海道本線、右側には地上32階の超高層マンション、リーデンスタワー草津が見えます。

G_6480
草津宿の雰囲気がある込田公園と背後の草津の超高層マンション群

Img_6499
草津は東海道と中山道の合流地点という交通の要衝でした。
草津宿本陣の側には1816年に寄進された石の道標がありました。

「左 中仙道 みのぢ」(美濃路)
「右 東海道 いせみち」(伊勢道)

と読めます。

| | コメント (0)

2009.11.09

桂離宮とか散策

Img_8955
2009年11月7日と8日は無鄰菴の無料公開や知恩院の特別公開があったので見てきました。
ついでに桂離宮も参観申請できたので行ってきました。

↑は京都市左京区の無鄰菴(むりんあん)です。
「無隣庵」とか誤変換してしまいそうですが、正式な表記は無鄰菴です。

無鄰菴は明治の元老山県有朋の別荘で1896年に完成しました。庭園は小川治兵衛の作とのことです。
1890年に完成した琵琶湖疏水から引かれた水が庭園に流れています。

Img_8966
洋館と紅葉
この洋館で1903年に元老・山県有朋,政友会総裁・伊藤博文,総理大臣・桂太郎,外務大臣・小村寿太郎の4人が会合を開いたそうです。

Img_8929
こちらは2009.10.24,の無鄰菴の様子です。

Img_8938
この日は特別に母屋の二階にあがることができました。

無鄰菴の後は近くの知恩院に移動しました。

Img_9003
知恩院では修復中の集会堂(1635年建立)を見学しました。

Img_9011
二度と目にできないであろう角度から集会堂を見学できて満足でした。

Img_9194
集会堂では瓦職人の方と京都府の職員の方が瓦の作り方の説明をされていました。
粘土を石膏の型に入れて模様を作り焼き上げます。
瓦製作の様子は初めて見たのでとても有意義でした~!

Img_0147
その後、京都市西京区の桂離宮に移動しました。

Mg_0161
黄昏時の日を浴びる庭園

Img_9116
笑意軒に差し込む夕日

Img_9137
月波楼(げっぱろう)から眺める松琴亭(しょうきんてい)

Mg_0136
竹垣と楓
紅葉が始まってますが、まだまだ紅葉の真の美しさにはなっていません。
それでも緑の楓だけでも見ごたえがあります\(^o^)/
手前に去年はなかった桜が植樹されています。


こちらは去年の2008.11.28,の様子です。
燃えるような紅で2008年で見たなかで最高の紅葉でした。

| | コメント (6)

2009.11.06

西福寺

Img_6144
2009.8.8、京都市東山区の西福寺です。
小野篁が冥土へ通ったという六道の辻にあるお寺です。
この日はお盆の精霊迎えの時期だったので壇林皇后九相図絵を見に伺いました。
右側の壇林皇后九相図絵は壇林皇后の遺体が腐敗し血が滲み骨になるまでを描いた図で、なんとも無常を感じます。

左側の掛軸は熊野那智曼荼羅図絵です。

Img_6164
熊野那智曼荼羅図絵では補陀洛渡海(ふだらくとかい)の船を見つけました。
鳥居に囲まれた船に乗って、南方浄土の補陀洛へ入水往生の航海に出る僧の様子を描いています。

Img_6168
地獄絵も拝見しました。

| | コメント (2)

2009.11.04

建仁寺大統院

Img_6253
2009.8.8,京都市東山区の建仁寺大統院です。
お盆の時期に合わせて、円山応挙筆の幽霊画と境内が公開されました。

Img_6242
大統院の庭園
2007年2月撮影のグーグルアースの航空写真には、この庭園が写っていないので、
最近になって作庭されたことがわかります。

Img_6171
こちらは建仁寺の三門
1923年に静岡県浜名郡雄踏町の安寧寺から移築された門とのことです。

| | コメント (0)

2009.11.02

醍醐寺万灯会

G_6052
2009.8.5,京都市伏見区の醍醐寺五重塔です。

Img_6069
毎年8月5日は先祖と精霊供養の灯がともされる中で醍醐寺の伽藍を夜間参拝できます。

Img_6082
951年建立の醍醐寺の五重塔は幾度の修繕と三度の解体修理を経て現在に至っているそうです。

特に1527年の大永の解体修理、1597年の秀吉の寄進修理、1765年の明和の解体修理、1954年の昭和の大修理は
資料にその様子が記されているとのことです。

五重塔の高さは相輪天から側柱石口までの高さが125.95尺とあるので、
これをメートル換算した38メートル17センチが正確な醍醐寺五重塔の高さと言えそうです。

参考 醍醐寺大観 2002 岩波書店

 

おまけ

Cimg3901
こちらは2007.8.5の醍醐寺万灯会の様子です。
この時は手前の木がありましたが、今はもう剪定されているので五重塔がすっきり見えるようになりました。

| | コメント (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »