« 瀬田川花火 | トップページ | 京都市役所はサイケデリックなんです »

2009.12.11

鴻ノ巣山からの眺め

Img_7342
2009.8.20,PM5:36,京都府城陽市の鴻ノ巣山(こうのすやま)からの眺めです。

Img_7359
PM6:06,鴻ノ巣山は標高117.9メートルの低山で近くには宅地開発でできた一軒家が並んでいます。
すぐ登頂できる山と思っていましたが、意外と山頂へは山道を歩かないといけません。

Img_7389
PM6:21,特に城陽市街地の水度神社(みとじんじゃ)からは本格的な山道を歩いて山頂へと至ります。

後日また鴻ノ巣山に登ってみました。

Img_8871
2008.9.20、AM8:35,鴻ノ巣山は西側の展望が開けているので朝に行くと景色がきれいに見えます。

Img_8898
左にはうっすらと神戸の六甲山が見えます。
京都市内から六甲山は見えませんが、城陽くらいまで南に下がると六甲山が見えます。

Img_8926
2008.9.20,PM3:44,午後に鴻ノ巣山に登ると強烈な逆光となります。

Img_8923
山頂には展望台や案内図が設置されていて、木も眺望の妨げとならないよう適度に剪定されており
城陽市の管理が行き届いていました。

*ちなみに城陽という地名は1951年に久津川、寺田、富野荘、青谷の4村が合併して城陽町が発足した際、
山城の「城」と縁起の良い「陽」という字を組み合わせて命名されました。

参考 城陽市 市民手帳2008

|

« 瀬田川花火 | トップページ | 京都市役所はサイケデリックなんです »

0010眺望の山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 瀬田川花火 | トップページ | 京都市役所はサイケデリックなんです »