« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010.02.26

清水寺あたりのお食事処

2010.2.6,京都市街地に今冬初の積雪があったので朝起きてすぐ出かけてみました。

車のボンネットに僅かに残った雪を必死に集めて子供達が雪合戦をしている様子を見ながら清水あたりに向かうと…

Mg_9086
さわやかな青空が広がってました/(^o^)\雪景色ヲ見ニ来タノニ、ナンテコッタ
朝10時くらいにイノダや西利や料亭阪口が入ってる青龍苑に着きましたが雪は融けてました。

Img_9066
青龍苑から清水順正へ歩いてくと、いつの間にかこんな広場ができていました。

右の建物は1921年に武田五一の設計で竣工した邸宅「五龍閣」です。
今は順正のカフェやレストランになってます。

Img_9107
町家と噴水という意味不明の組合せだけど雰囲気は良い

清水寺の門前にこんな広場ができてるとは知らなかった

| | コメント (0)

2010.02.24

醍醐寺の五大力

N_91230
2010.2.23,京都市伏見区の醍醐寺の五大力(ごたいりき)です。
五大力は毎年2月23日に行われる醍醐寺最大の行事で五大明王の御影(みえい)を受けることができます。

当日に行われる五大力尊に「力」を奉納する餅あげ(女子90キロ,男子150キロ)も有名ですね。
ちょろっと見てみましたが、当日参加の人や事前に入念に練習して来た人がいて応援に力が入りました。
(奥の金堂も国宝だけあってなかなか格好いいと改めて思った)

ちなみに左のネクストバッターズサークル?で待機してる人は今年度の横綱になったタレントの大森久美子さんです。

 

 

この写真を撮った後、見知らぬおばさんに声をかけられた。

なんでも昔、醍醐寺に奉納した幟を偶然に見つけて感極まったがカメラを持ってない…
だから「あなたのカメラで代わりに撮ってほしい」とのこと

言われるまま幟とおばさんの記念写真を撮って醍醐駅の写真店で即プリントして手渡した。

話を聞くと毎年、五大力のためだけに三重の四日市から醍醐寺まで駆けつけているという
遠方からの参拝ご苦労様だあと思った。

| | コメント (0)

2010.02.22

時代祭

Img_8992
2009.10.22、時代祭です。
時代祭は平安遷都1100年を奉祝する行事として1895年から始まりました。
1998年にはパリで巡行するなど、始まってまだ100年ちょっとの新しい祭らしい試みも行われています。

写真は正午の時代行列の出発を前に京都市上京区の御所でくつろぐ馬です。

N_9010
時代祭では明治から延暦年間(782~806)までの各時代の行列が洛中を巡行します。
いろいろな装束の行列が進むのですが、安土桃山時代の滝川一益の兜がひこにゃんっぽくて印象的でした。

Mg_8977
二時間かけて洛中を歩み平安神宮へ到着した行列

Img_8994
平安神宮に還行する桓武天皇の御神霊が乗った鳳輦(ほうれん)

| | コメント (0)

2010.02.19

山科川といえば川蝉でしょ

Img_8996
2010.1.23、山科川のカワセミです。

Img_8967
鳥は多けれどもカワセミのかわいさは別格本山ですね

Mg_8990
冬枯の景色の中でカワセミの鮮やかな青色が一際輝いていました。

Mg_9007
2010.2.17、この日は「当たり」のようで、15分で15回くらいカワセミが水中に突入して魚を獲る瞬間が見れました。

Img_8961
これがカワセミが水中に突入した瞬間
水中にカワセミが潜ってます。

Img_8987
小魚を二匹同時に捕まえました。
観察してみた所、四回に一回は水中に突入して魚GETに成功してました。
そして小さな体によー入るなぁと感心するくらい魚を食べてました。

G_9004
カワセミの羽の色…宝石のようだ

| | コメント (0)

2010.02.17

山科川のヌートリア

Img_9085
2009.10.21.PM5:23、京都市山科区の山科川のヌートリアです。

Img_9085
南米の巨大ネズミとのことですが、今は日本各地に定着しています。

Img_9080
日が落ちてかなり暗くなった川原を動いてました。

嵐山のヌートリア

| | コメント (23)

2010.02.15

湖国の旅

2010.2.13,湖国近江をふらふらと観光してきました。

Img_8935
まずは地元を車で出発する時に寄ることが多い京都市山科区の将軍塚へ
左下に見える寄棟の大きな屋根は1363年建立の六波羅蜜寺本堂(重文)、
六波羅蜜寺本堂の右は京都市立六原小学校、
右上に見える和風の大きな建物は旅館「鶴清」(つるせ)です。

Mg_8994
まずは滋賀県野洲市の大笹原神社(おおささはらじんじゃ)へ
よく見てる国宝紹介サイトでお薦め度が低かったので、小さな神社かと思ってましたが、
実際に行ってみると「さすがは国宝だ!」と納得の神社でした。

1414年に建てられた形の良い本殿と神社周辺の静謐な雰囲気が印象的でした。

Img_9136
その後は守山の第一なぎさ公園へ
菜の花が満開でした。

Img_9150
そして2008年9月20日に開業したショッピングモール「ピエリ守山」へ
最近のショッピングモールには展望台が併設されることが多くて(良いことですね)、
ピエリの展望台からは冠雪した比良山系が見えました。
一番高い比良山系の釈迦岳(標高1060メートル)の中腹に2004年に廃止となった比良リフトの跡が見えます。

G_0410
そして栗東の金勝寺へ
標高約540メートル、深い山の中のひっそりとしたお寺ですが、立派な石垣が印象的でした。
四体の重文仏像を有しているとのことです。

Img_0412
そして竜王山の標高590メートル地点へ
湖南が一望です。

Img_9169
どこから見ても美しい近江富士(標高432メートル)
麓から標高差300メートルくらいで登れるとのことなので近い内に登頂したい

Img_9177
ピエリにいた時は雪雲の中だった比良山系の雲が晴れました。
栗東の超高層マンション、ウイングビューも見えます。

Img_0423
最後はもう一度ピエリに戻って琵琶湖の夕照を眺めました。

 

やはり湖国は良いです。
将来は大津に引っ越す計画がさらに固まった一日でした。

| | コメント (0)

2010.02.12

城郭伽藍

日本各地の気になる城郭風建築を調べる時は「あやしい城」というサイトを参考にしているのですが、
そのサイトに「真宗寺院の鼓楼はお城の櫓のよう」という内容の特集が組まれていました。

この特集を見て、そういえば京都市山科区の真宗大谷派山科別院長福寺の鼓楼も隅櫓風であることを思い出しました。

Img_4890
これが山科別院長福寺の鼓楼なのですが、石垣の上に建っていてなかなか本格的でしょ
(撮影2009.7.13)

長福寺が建つ山科盆地の中央部は室町時代に強固な土塁で守られた山科本願寺があった場所なので、
ここにお城風の建物があるのは、あまり違和感がありません。

この記事を書くきっかけとなった「あやしい城」の真宗寺院鼓楼特集はこちらです。

 


2010年2月12日午前6時点での明日の京都市の天気予報は、

ウェザーニュースが曇り
日本気象協会が晴れ

どちらの予報が当たるんでしょうか…

| | コメント (0)

2010.02.10

竹林院

Img_8966
2009.10.18、滋賀県大津市坂本の竹林院です。

Img_8940
竹林院は延暦寺の僧侶が麓での余生を送った里坊でしたが、明治初年に民間の所有となりました。

N_8945
一時期は料亭としても使われたそうですが、大津市の管理となった1993年から一般に公開されています。

| | コメント (0)

2010.02.08

東福寺光明院の雪

G_9043
2010.2.7,京都市東山区の東福寺光明院です。

Mg_9010
重森三玲氏の波心庭があるお寺です。

Img_9040
ここに来るといつも心がピンと張りつめます。

Img_9042
雪になると庭園の石が際立ちますね。

Mg_9007
いつもは苔やツツジに目がいくのですが、雪の日は奥の三尊石がありがたく思えました。

 


写真をクリックすると2009.7.22の光明院の記事に移動します

| | コメント (4)

2010.02.05

あやしい城

Img_9183
2010.2.3,京都市伏見区の伏見桃山城です。
1964年完成の新しい天守閣ですが、結構立派です。

| | コメント (0)

2010.02.03

石山寺

Img_9064
2009.10.18、滋賀県大津市の石山寺です。
1194年建立の多宝塔があるお寺です。
実際に多宝塔の前に立ってみると予想以上に大きな塔でさすがは国宝の風格があると思いました。

Img_9123
重文の御影堂
楓が少し紅葉しています。

Img_9092
2008年に東レの寄進で再建された光堂
できたばかりで白く輝いていました。

| | コメント (0)

2010.02.01

夜の平等院

Img_8978
2009.10.10,PM5:20、京都府宇治市の三室戸寺(みむろとじ)の西側から見た夕焼けです。
真ん中やや左に見えているのはユニチカ宇治工場の煙突です。

Img_8989
PM5:24、日没

その後、宇治川北嶺の仏徳山(大吉山)に移動しました。

Img_8993
PM5:45、宇治川の仏徳山の展望東屋(標高約105メートル)からの夕景です。

9011
PM6:06、空がきれいに染まりました。
これだけきれいなトワイライトは久しぶりです。
地平線からきれいに染まっているのは空気が澄んでいる証拠です。

Mg_9025
せっかく仏徳山に登ったので、年に数回しかない平等院のライトアップを眺めました。


仏徳山の昼の眺望

| | コメント (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »