« 枳殻邸 | トップページ | 伏見稲荷からの眺め »

2010.05.09

名草神社

Img_0959
2010.5.4,兵庫県養父市の名草神社三重塔です。
標高1139メートルの但馬妙見山の標高約800メートル地点に位置します。つまり山奥の秘境です。
この三重塔はもともと出雲大社にあったそうですが、妙見山の杉を大社に献上した縁で塔が譲渡されることになり
1655年にこの地に移築されたそうです。
塔の運搬は日本海の海運が使われたそうですが、標高800メートル地点まで材木を運ぶのも大変だったでしょうね。

Img_8962
1689年建立の拝殿。2010年4月に重文指定が決まりました。
建物の中央に通路がある割拝殿ですね。

Img_5561
1754年建立の本殿。こちらも新たに重文に指定されます。
5月に入ったというのに奥に山桜が咲いてて高地に来たんだなぁと改めて思いました。
名草神社…冬は到達不能になるくらい雪深いそうです。

|

« 枳殻邸 | トップページ | 伏見稲荷からの眺め »

28兵庫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 枳殻邸 | トップページ | 伏見稲荷からの眺め »