« 京阪津周遊 | トップページ | 流失した気仙大橋 »

2012.08.06

被災地へ

2012.8.4,東日本大震災の被災地を見てきました。

1766
宮城県気仙沼市の第十八共徳丸。
解体するには巨大過ぎるためか、今も内陸の奥まで津波で運ばれたままとなっている。

1753
鉄柱は溶接して固定されているようでした。
船底には藤壺や貝が大量に付着していて、陸の船のアンチテーゼとなっていました。

1773
車が押しつぶされている

|

« 京阪津周遊 | トップページ | 流失した気仙大橋 »

04宮城」カテゴリの記事

コメント

東北いったんだね!まだこんな傷跡があるとは・・・。
FBにもアップ始めてくれ!

投稿: mita | 2012.08.13 15:37

仙台中心部はほぼ通常通りになってたけど沿岸部はまだまだ傷跡があった。
強行日程で行ったので今日更新した岩手県の被災地とか一瞬しか見れへんかったし、ミタ氏ともう一度行く!?
ミタは震災以来東北行った?

ブログの更新情報をFBに自動反映させることはできるのだろうか。

投稿: ichinoya | 2012.08.14 04:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京阪津周遊 | トップページ | 流失した気仙大橋 »