カテゴリー「30和歌山」の7件の記事

2014.03.03

高野山から関空へ

Img_2879
20130714JR関西1デイパス3500円を利用して和歌山県の高野山に行きました。
写真は金剛三昧院の国宝多宝塔です。

Img_2886
金剛峯寺の東塔。1984年再建なので新しい。

Img_2954
高野山の後は三国ヶ丘経由で関空に行って夜景を眺めました。

| | コメント (0)

2013.08.04

3月桜旅行

Img_7581
20130330和歌山県海南市の天台宗長保寺です。
本堂、多宝塔、門すべて国宝というすごいお寺です。
満開の桜と青空の日に旅行できてよかった。

Img_7594
奥に国宝の大門が見えます。

Img_7632Img_7669
和歌山城も桜が満開でした。

Img_7697Img_7690
大阪府貝塚市の水間寺も桜が満開でした。
左、南東から見た三重塔
右、北西から見た三重塔

Img_7751
帰りに東大阪市石切から大阪市内の夜景を見ました。

| | コメント (0)

2013.06.30

和歌山県岩出市

Img_6913
20130217和歌山県岩出市の根来寺大塔です。
国宝の大塔ということで見応えがありました。

Img_6954
根来山森林公園から見た岩出市内の眺め
阪和線から離れた場所なのに高層マンションがけっこう建っていておもしろい

Img_6964
根来SL公園のD51-930
前照灯が点灯可能となっており、よく整備されていました。

| | コメント (0)

2007.03.30

紀伊半島一周の旅6白浜

Ba96753d0ca9ddc86b5dee640a44eb59
2007.3.23、PM2:22、今回の紀伊半島一周の旅の最後の目的地、和歌山県白浜町に着きました。
↑は白浜駅から千畳敷まで行く時に乗ったバス。バスの車体に直接、地元の子供たちの絵が描かれていました。
バスの車体を広告ではなくて子供のカンバスに使うなんて器が大きいなー!

96cf742ca6ac00a98de5f332f870c049
千畳敷。打ち寄せる波に浸食された砂岩の岩盤でイギリスのドーバー海峡っぽい雰囲気に思えました。

F34785689f4de9b69ee52a93566d31b7
小石がこの穴を掘ったのかな??

Ec5e7a2f3b1a0c7fcb587e2038e37e82
白浜温泉の崎の湯。目の前は大海原の野趣あふれまくりの温泉でした。
石鹸もシャワーもない本当の温泉で熱すぎない心地よい湯でした。

8baae8f98e7b769190d689348d9b3434
白浜。石英からできた砂浜は本当に白くて驚きました。

58f55d19f0aa7ccfeca734302844fdfb
キャタピラの紋様もきれいじゃないですか\(^o^)/

Cimg2678
円月島


これで紀伊半島一周の旅の旅行記は終わりでーす。

| | コメント (0)

紀伊半島一周の旅5那智の浜と補陀洛渡海

2700d00c310b25987887a49b80689463
2007.3.23、紀伊半島一周の旅二日目、次の目的地白浜を目指すために那智駅前すぐの那智の浜で電車を待ちました。
那智駅は世界遺産の那智熊野大社の最寄駅なので、列車本数も多いと思ってましたが、実際は2時間に1、2本でした。
けど砂浜から列車を待つのも旅ならではの経験かなと思います。

Ec0fa7174361722a1a4f09387ca38ff7
砂浜に咲いていた紫色の花。図鑑で調べてみるとハマダイコンって名前で、なんと大根の野生種とのことでした!

84ce829c162b14ce9690fba78255c5f3
澄んだ海水でした。

077abc6ffe8eb3813fbb4818f044b5a1
環境省選定の特選快水浴場とのことです。

4db20ac759d4c2c556fc539733131511
今は穏やかなこの海岸では、平安時代からおよそ千年に渡って補陀洛渡海(ふだらくとかい)が行われていたそうです。
ウィキペディアから引用した↑の写真は補陀洛山寺に納められている渡海船です。
四方に鳥居を建てたこの船に乗り観音浄土を目指し消えていった渡海僧は何を思い海を渡ったのでしょうか。

| | コメント (0)

紀伊半島一周の旅4那智の滝

5be4549603c5d3f2f03214dd88b3bfa4
2007.3.23、紀伊半島一周の旅二日目、熊野那智大社の隣の青岸渡寺から見た那智の滝です。
青岸渡寺は熊野那智大社のすぐ横、明治の神仏分離令以前は同社の如意輪堂だったそうです。

右下に宿坊の尊勝院の枝垂桜の大木が見えますね。一週間後は満開でしょうか。
満開ならさぞすばらしい眺めなんでしょうね。これはまた見に行かねばなりません!

D1b46dbed85f753a839967e87a792b13
青岸渡寺の三重の塔(1972年再建・高さ25メートル)

280c1c2d9a320a64dc50cc3946d05905
エレベーターで三層目まで上がることができます。

34aed741e2130edaa44b1d1c057146a9
その三層目から那智の滝。(那智の滝の滝壺を観光客が見れる場所はここしかないと思います)

1b550af8b914b9041b74203e608c1bf7
飛瀧神社境内から見た那智の滝(落差133メートル)

D18bc66471882a443a069a3a97b5e375
↑は2007.2.11に撮った栃木県の華厳の滝(落差97メートル)です。
那智の滝、袋田の滝とあわせて日本三大瀑布の一つです。
那智の滝を撮る一ヶ月前の写真ですが、陰と陽とが全く違いますね。

E93912abedbc5f0be0dd57f12ac7c943
熊野那智大社へと至る大門坂。世界遺産の熊野古道を歩きました。
雨が多い地域なので道がぬかるまない様、石畳になっています。

| | コメント (0)

紀伊半島一周の旅3熊野那智大社

E4bbf9020f0a121224c3da6d57566778
2007.3.23、紀伊半島一周の旅二日目和歌山の那智で泊まった美滝山荘っていう旅館の窓から見た那智の滝です。

松阪から和歌山の那智まではJRの紀勢本線で行きました。
紀勢本線は紀州(和歌山)と伊勢(三重)を結ぶ大動脈で本線って名前なんやし列車本数は多いやろ、
と思ってましたが甘かった↓最高でも一時間に一本!時には二時間に一本の時間帯もありました。
紀勢本線は特急はそれなりに走ってるのですが、18切符利用者は注意が必要です。
列車に乗ってる人も高校生か18切符っぽい人がほとんどでした。
そんなこんなで松阪の後はずっと列車に乗って夜に和歌山の那智につきました。

Db1d1d754c4228953c57f3fd5b46aa6b
熊野那智大社への参道の看板に「おまいり、おおきによ また来てくらんしよ!」って書かれています。
和歌山の言葉ですね。京では聞かない言葉です。

38dd19c3a640f1d637733c1763257a64
参道のパンジーがきれい。

198e57b2ca6b7668fa2d06278c49a29b
本当にすがすがしい朝です。

48b8701ee7b55f3c37ba51449f45d9dd
熊野那智大社(世界文化遺産)につきました。
右に見える樹齢800年という楠木が見事でした。

| | コメント (0)