カテゴリー「080茨城」の19件の記事

2009.05.08

茨城県の仏塔

茨城県には管見の限り2009年現在、五重塔二基、三重塔五基、多宝塔五基の計十二基の仏塔があります。
その中から在学中に見学できた仏塔をご紹介します。

Img_7836_2
2008.12.7、茨城県笠間市・鳳台院五重塔(1998年建立*1)

Img_4640
2008.11.18、茨城県日立市・法鷲院五重塔(1989年建立*2)

Img_6257
2008.11.7、茨城県桜川市・富谷観音小山寺三重塔(1465年建立の重文*3)

Cimg0197
2008.12.15、茨城県桜川市・薬王院三重塔(1704年建立*3)

Img_7829
2009.2.1、茨城県つくばみらい市・板橋不動尊清安山願成寺三重塔(1772年建立*4)

Img_7836_2
2007.11.8、茨城県桜川市・雨引観音楽法寺多宝塔(1853年に三重塔から改築*5)

Img_7896
2009.2.1、茨城県龍ヶ崎市・来迎院多宝塔(1556年頃建立の重文*6)

未訪問
大洗町・護国寺三重塔
東海村・村松虚空蔵三重塔
東海村・村松虚空蔵多宝塔
つくばみらい市・法円寺多宝塔
水戸市・神崎寺多宝塔

*1佐藤木材株式会社さんのウェブサイト参照
*2朝日新聞(1990年2月21日の記事)参照
*3現地の説明板参照
*4つくみら市ウェブサイト参照
*5雨引観音ウェブサイト参照
*6文化庁ウェブサイト参照

| | コメント (10)

2009.05.04

茨城県つくみら市・板橋不動尊

Img_7829
2009.2.1、茨城県つくばみらい市の板橋不動尊(清安山願成寺)です。
江戸時代に建立された立派な三重塔があります。

Img_7836
本堂

Img_7832
板橋不動尊の隣にある板橋八坂神社

| | コメント (0)

2009.04.13

裏筑波を鏡で見ると表筑波になる

0b53eea42b76b21481f9f8c3060418f7
2008.12.7、茨城県桜川市の富谷山と五月女鉱業の砕石場です。
左側に岩瀬町が1979年に設置した富谷山展望台が小さく見えます。

8b88ee654bc083a1eb8788369dda1456
その富谷山展望台から南側の眺めです。
左側の加波山が堂々としています。いつもとは違う北側から眺める筑波山が右に見えます。

5660fb78f40bb9bf29e85530b40e3954
ふと筑波山の北側、ちょっと失礼な言い方かもしれませんが裏筑波を鏡で見ると見慣れた表筑波になることに気づきました。

6f76bb9ec9694fd85664c6e1cba335cc
富谷山展望台からの筑波山を左右反転してみると…

D560c8e27972efb8083372732c9de77d_2
このように見慣れた表筑波になります!

5e178a032823aec51b5b47891a0e181b
こちらは2006.11.12につくば三井ビルから見た筑波山です。
富谷山から見た筑波山を鏡で見た形とそっくりです。
石岡や水海道そして東京とか、筑波山は見る場所によって姿が大きくかわりますが、なんといっても筑波山といえばこの姿でしょう!
鏡を使えば思いがけないところから「筑波から見た筑波山」の姿が見れることを知った一日でした!

| | コメント (2)

2009.04.10

茨城県桜川市・椎尾山薬王院

Cimg0197
2008.12.15、茨城県桜川市の椎尾山薬王院です。
薬王院は筑波山東麓に位置する天台宗の寺で1704年建立の三重塔は成田山新勝寺三重塔と同じ桜井瀬左衛門安信の作とのことです。

Trd0903112312019p1
三重塔と1680年建立の本堂

Img_6248
こちらは2008.12.7に訪れた時の紅葉と仁王門。1688年建立とのことです。

Img_6215
薬王院は彫刻もすばらしいです。

Img_6208
三重塔の軒下には龍がずらり

Cimg0177
仁王門の吽形

Img_6620
仁王門の風神像

Img_6619
仁王門の雷神像

| | コメント (0)

2009.03.23

茨城県笠間市・鳳台院

Img_7836_2
2008.12.7、茨城県笠間市の鳳台院五重塔です。品のいい造形にしばし感動しました。
佐藤木材株式会社さんによると、この五重塔は1998年建立で高さは基壇下より相輪上まで19メートル40センチとのことです。

B26196b6bd96eeed5addd030620fa036
本堂

17e8b375e324242daa4852e84325fdc0
境内には冬にも咲く不断桜が多く植えられていました。

| | コメント (0)

2009.02.11

茨城県大子町・袋田の滝の紅葉と袋田投入堂

Img_4723
2008.11.18、茨城県大子町・袋田の滝の新観瀑台から見た袋田投入堂です。
袋田投入堂とはかなっぺさん命名の謎のお堂で、誰がいつ建てたのか、どうやって近づくのか、正式な名は何なのか、
全く情報が集まらない不思議な建物です。
謎の多いこの懸造の建築は、役行者(えんのぎょうじゃ)が法力で投げ入れたという鳥取県三朝町の国宝三仏寺投入堂
を連想させます。

A9393425c505b46730f679e09aac9f16
参考:2007年夏に訪れた国宝三仏寺投入堂

Img_4723
↑は2006.3.28に初めて袋田の滝に訪れた時の様子です。
写真上部の断崖絶壁に袋田投入堂が張り付いているのがわかります。

Img_4723
月居(つきおれ)山ハイキングコースから見た袋田投入堂。
国土地理院の地図で確認しても、この投入堂への道は確認できませんでした。

袋田投入堂について何かご存知の方がいらっしゃれば、ご教示くだされば幸いです。

ついでに(ツイデニッテ…)2008.11.18の袋田の滝の紅葉もご紹介
Img_4723
駐車場から袋田の滝へ向かう道から見た生瀬富士の紅葉

Img_4723
2008年に完成したばかりの新観瀑台から見た紅葉

Img_4725
さすが日本三大瀑布は迫力ありますねえ。
新観瀑台を設置したのに、入場料を今までと同じ300円に据え置いた大子町はえらい!

Img_4742
夕暮れの袋田の滝を眺めて茨城県北の紅葉を楽しんだ旅を終えました。


かなっぺさんの袋田投入堂の記事

| | コメント (2)

2009.02.09

茨城県常陸太田市・竜神大吊橋

Img_46
2008.11.18、茨城県常陸太田市の竜神大吊橋です。

Dsc_0044
一緒に行った人から写真をもらいました、全景!

Dsc_0049
けっこう断崖絶壁から見てる

Img_0007
竜神大吊橋の長さは375メートルで歩行者専用の橋としては本州一の長さを誇ります。
大分県の九重"夢"大吊橋(長さ390メートル)が2006年に完成するまでは日本一の橋長でした。

Img_4691
大吊橋から東方向の眺め。眼下に竜神ダムを見下ろします。

Img_0000
西方向の眺め。実は2006年3月に続いて竜神大吊橋に来るのは2回目です。
2年前の3月はオフシーズンで誰もいなくて吊橋は揺れなかったけど、
紅葉が見頃の今回は大勢人が来ててかなり揺れてました(・∀・)))グラグラ

A8761871d1f372235b4d25ff190ffab6
↑が2年前の入場券で↓が今回の季節感のある入場券。
大分にライバルができてしまったので、長さ日本一から本州一になってます(^^ゞ

| | コメント (4)

茨城県高萩市・花貫渓谷

Img_4653
2008.11.18、茨城県高萩市の花貫渓谷の紅葉です。

Img_4662
そして紅葉の国道461号をドライブ

Img_4659_2
この後は茨城県常陸太田市の竜神大吊橋に向かいました。

| | コメント (0)

2008.12.15

筑波山・薬王院線崩落現場

Img_6605
2008.12.15、茨城県桜川市(旧真壁町)の筑波山・薬王院線崩落現場です。
筑波山梅林から徒歩で薬王院に向かっている時に舗装路が崩落しているのを発見してしまいました。

Img_6607
アスファルトの舗装の様子がよくわかります。

Img_6601
筑波山・薬王院線は筑波山梅林から直接、薬王院に行ける便利な道なので復旧が待たれます。

| | コメント (0)

2008.10.06

茨城県土浦市・全国花火競技大会

0e6d3787103176d94841504a0cb5a724
2008.10.4、土浦の花火です。

38f4009b0bdb83ffcb25edd71c967ab4
間近で感じる花火の衝撃波が最高でした!

Fa245869d5f03c1efea449a5c790b4cb
こういう繊細な花火が好み

9dadb6a645f76c7950fd1295ba3dc04e
なかなか(・∀・)イイ!

| | コメント (0)